6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ドウィッツ – ニュース – 近隣の町がキャンプ座間を招待、大凧祭りで日本文化を共有

ドウィッツ – ニュース – 近隣の町がキャンプ座間を招待、大凧祭りで日本文化を共有

座間市、日本 – キャンプ座間に隣接する 2 つの町は、日本の文化遺産の長年にわたる一部を体験し共有するために、施設の指導者とそのコミュニティを大凧フェスティバルに招待しました。

キャンプジャムの敷地を共有する佐間町と坂見原町は5月4日と5日、近くの相模川で合同祭りを開催した。

初日の開会式で認められた特別ゲストには、在日米陸軍と在日米陸軍駐屯地双方の司令官と上級下士官が含まれていた。

マーカス・ハンター大佐が昨夏USAGジャパンの指揮官に就任して以来、これが初めてのフェスティバルに参加した。 同氏は、世界中の国々が凧揚げをしているが、この娯楽は日本文化の中で独特で特別な位置を占めていると指摘した。

「これは素晴らしい伝統であり、社会における私たちの緊密な関係とあらゆるレベルでの日米同盟の素晴らしい例です」とハンター氏は語った。 「私たちはその緊密な関係の一員であることを非常に誇りに思っています。」

指揮官は、フェスティバルで上映されたタイトルの 1 つと個人的なつながりがありました。 2023年11月、ハンターさんは笠賀地区の酒見大凧協会の代表者らとともに、ジャマキャンプからの竹の収穫を手伝いました。 その竹はサンガムの凧の骨組みに使われました。 祭りでは、カサガ地区の住民がハンターに、指揮官が凧に切った竹の幹の1本をどこで使ったかを見せた。

凧を作るのに費やされた勤勉さと細心の注意は驚くべきものだった、とハンター氏は語った。 最終製品の作成プロセスに参加できたことは光栄であり、キャンプ・ジャマはリソースを共有し、フェスティバルの成功に貢献できたと述べた。

「佐間市と相模原市の両方、そしてすべての凧協会の素晴らしい伝統に参加できることにとても感謝しています。」と彼は言いました。

毎年、両市はさまざまなサイズの凧をいくつか作り、祭りで展示します。 目玉は市内最大級の凧 2 つで、それぞれの大きさは約 14.5 平方メートル、重さは 2 トンを超えます。

各都市は毎年、その年に伝えたいメッセージを凧に書く「漢字」を決定します。 今年、Jamaは今年の干支を表すために、「光り輝く龍」を意味する「光龍」という文字を選び、空に光り輝く凧をイメージさせました。 相模原市は市制施行70周年を記念して「祝いの風」を意味する「季風」を選んだ。

フェスティバル期間中、ハンター氏は共同イベントの立ち上げに来ていた相模原市の本村健太郎市長と佐間市の佐藤美都市長に面会した。

本村市長は、キャンプ・ジャマの指導者とその家族、そしてキャンプ・ジャマのコミュニティを招待してフェスティバルを楽しみ、大凧を間近で見て、2世紀近くにわたって実践されてきた熟練の職人技を鑑賞してもらいたいと述べた。

「特に注目に値するのは、ハンター大佐が伐採を手伝ったキャンプ・ジャマの竹で作られたカサカ協会の凧だ」と本村氏は繰り返した。 「このイベントを通じて、私たちとキャンプ・ジャマとの友情はさらに強まると思います。そして、双方がお互いの文化や歴史を学び、一緒にコミュニティを構築することを願っています。」

この祭りは、国民が日本の子どもたちの健康と幸福を祈る日本の祝日である「こどもの日」も祝いました。 佐藤市長は、キャンプ・ジャマの指導者や地域住民がこの機会を祝うことができて特別な光栄だと述べた。

佐藤さんは「お互いの文化を知ることが平和への第一歩であり、良き隣人として文化交流を深めていくことが非常に重要だと考えている」と語った。 「このような交流を通じて、私たちはお互いに助け合える分野が見えてきました。」







取得されたデータ: 2024 年 5 月 13 日
投稿日: 2024 年 5 月 13 日 03:27
ストーリーID: 471097
位置: 玉間、神奈川県、日本






Web ビュー: 6
ダウンロード: 0

パブリックドメイン

READ  私の韓国がミサイルテストを実施したため、日本の首相はキャンペーンを中断しました