9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ナバルダックは日本で地滑りを引き起こす可能性があります

熱帯低気圧ナバルダックは北に日本の東海岸に移動し、火曜日に東日本またはドーホー地域の地滑りに接近または脅かします。

気象庁は、嵐が強風、雨、波をもたらす可能性があると警告しています。

同社によれば、ナバルダックは現地時間の午前6時現在、月曜日に時速30キロメートルの速度で北西に向かっていたという。

中心気圧は992ヘクトパスカルで、最大風速は時速72キロメートル、最大風速は時速108キロメートルです。

風は、中心から南東に600キロメートル、北西に390キロメートルの半径で、時速54キロメートル以上を吹きます。

気象当局は、嵐が北西に移動するにつれて嵐が強くなっていると述べた。

雷雨に加えて、嵐の中心部と北部では、50ミリメートルを超える雨が何時間も降る可能性があると彼らは言います。

当局は、火曜日の朝の最初の24時間に、ドーホー地域の太平洋岸沖で最大100ミリメートルの降雨量を予測しています。 Kondo-Goshの領域で80mm; そして、ヨハン海の東北の50ミリメートル。

水曜日の朝の最初の24時間は、東宝地方の太平洋岸、近藤光新、北陸地方、ニコティア県で100〜150ミリメートルの雨が予想されます。 ドーハの日本海では、50〜100ミリメートルの雨が予想されます。

DohoguおよびKondo-Gosh地域の最大風速は、火曜日まで時速72 km、時速108kmに達すると予想されています。

READ  日本の7月の鉄鋼生産は、需要の回復を反映して32.5%増加しました。