6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ニューカレドニア、暴動で「包囲下」-首都市長

ニューカレドニア、暴動で「包囲下」-首都市長

画像ソース、 ゲッティイメージズ

  • 著者、 クリスティ・クーニー
  • 役割、 BBCのニュース

暴動で6人が死亡した数日後、ニューカレドニアの太平洋地域は「包囲下にある」とニューカレドニアの首都市長は述べた。

ヌメアのソニア・ラガルド市長は、群島のいくつかの公共建物が放火され、数百人の警察の増援が到着したにもかかわらず、状況は「平穏に戻るにはほど遠い」と述べた。

フランス内務大臣は、フランス憲兵隊がヌメアと空港間の60キロメートルの道路の制圧を取り戻すために大規模な作戦を開始したと述べた。

騒動は先週、パリの議員らが地方選挙でより多くのフランス人に投票できるようにする改正案に投票した後に始まったが、先住民族の指導者らは、この措置は先住民族の政治的影響力を弱めることになると主張している。

当局者らによると、土曜日、地域北部の仮設バリケードでの銃撃戦で6人目が死亡、2人が負傷した。

これまでに、17歳から36歳の先住民族カナック族3名と警察官2名が殺害されたことが確認されている。

現場からの映像には、焼け落ちた車の列、間に合わせのバリケード、スーパーマーケットの外に並ぶ人々の長蛇の列が映っていた。

当局は非常事態を宣言し、夜間外出禁止のほか、公共の場での集会、アルコール飲料の販売、武器の携行の禁止を盛り込んだ。

に話しかける フランスのニュース チャンネル BFMTVラガルド氏は、過去2夜は穏やかだったが、日中の状況は改善していないと述べた。

彼女はさらに、「冷静さを求めるあらゆる呼びかけにもかかわらず、それどころか」と付け加えた。

彼女は、実際に起きた被害の範囲を特定することは「不可能」だが、焼けた建物には市の建物、図書館、学校が含まれていたと述べた。

私たちは包囲された都市にいると言えるでしょうか? 「はい、そう言えると思います」と彼女は言った。 「それは廃墟だ。」

彼女は、治安部隊が状況を確保するために「少し時間が与えられる必要がある」と付け加えた。

住民らは、銃声やヘリコプターの音、そして燃えている建物内でガス爆弾が爆発したと思われる「大爆発」を聞いたと報告した。

近所の人たちと交互に仮設柵の警備をしているヘレンさん(42歳)はAFPに対し、「夜になると銃声や爆発音が聞こえる」と語った。

フランス通信社によると、安全上の懸念からヌメア国際空港が閉鎖され、約3,200人の観光客や旅行者が諸島の内外で立ち往生した。

地域内の観光客らは、出発を待つ間に物資を配給しなければならなかったと語った。

夫と4人の子供たちとともにヌメアのリゾートにいるオーストラリア出身のジョアン・エリアスさんは、水がなくなった場合に備えて浴槽に水を張るように頼まれたと語った。

「子供たちに何を食べさせられるかという選択肢があまりないので、子供たちは間違いなくお腹が空いています」と彼女は言う。

「どれくらいここにいるか分かりません。」

日曜日、ニュージーランドのウィンストン・ピーターズ外相は声明で、ニュージーランド国防軍が「商業サービスが運航していない間にニュージーランド人を祖国ニューカレドニアに送還するため」の航空便の「準備を完了した」と述べた。

フランスでは法改正への反対が支持を集めており、土曜日にはトゥールーズで連帯デモが行われ、パリの親パレスチナデモではカナクの旗も掲げられた。

この暴動はまた、フランスとアゼルバイジャンの間の外交的緊張を再燃させたが、昨年アゼルバイジャンがナゴルノ・カラバフ地域を占領した後、緊張はさらに高まった。

この地域はアルメニア人が多数を占めるが、アゼルバイジャン国内に位置しており、フランスがアルメニアを支援してきた長期にわたる紛争の対象となっている。

外国のデジタル干渉を監視するフランス政府機関ヴィゲノムは金曜日、フランス警察官がニューカレドニアで独立支持デモ参加者を射殺したとする疑惑を推進する「大規模で組織的な」オンラインキャンペーンを発見したと発表した。

政府はこのキャンペーンに「アゼルバイジャンの代表者」が関与していると主張したが、アゼルバイジャン政府はこれらの主張を拒否した。

ソーシャルメディアアプリTikTokは現在、この地域で禁止されている。

ニューカレドニアでは独立を問う住民投票が3回行われた。 最初の 2 人の候補者は、フランスの残りの地域で僅差の過半数を獲得しました。

3回目は、当局が新型コロナウイルス流行を理由に投票延期を拒否したため、独立支持政党がボイコットした。

READ  チャールズ国王、初の国賓としてフランスとドイツを訪問