4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ニューヨーク市の夫婦が、投資額93万ドルを持ち帰ったとして不法占拠者から訴訟を起こされた。

ニューヨーク市の夫婦が、投資額93万ドルを持ち帰ったとして不法占拠者から訴訟を起こされた。

米国のニュース

クイーンズのデュプレックスに不法入居した疑いで不法占拠者とされる2人が、93万ドルの住宅の立ち退きを拒否したため、正当な所有者に対して訴訟を起こした。

これは同区で進行中のスラム街の最新の論理を無視した章であり、ここ数週間、緩いニューヨーク市の法律に基づいて財産権を要求する歓迎されない侵入者によっていくつかの家が占拠されている。

「まったくばかげている」と、今回の標的となった住宅の所有者であるジュリア・ヴォルマン氏は語った。彼女はこれまでにこの訴訟で4,000ドル以上の訴訟費用を集めている。

「これらの人々は文字通り私の家に侵入しました。住宅所有者である私たちが市の保護を受けられないのは不公平です」とジャマイカ人の家主は語った。

ジュリア・ヴォルマンさんとデニス・クルリアンさんは、クイーンズにある夫婦の投資用住宅から立ち退かされた後、不法占拠者として告訴された二人との法廷闘争に巻き込まれている。 @julie_julz4/ Instagram

5 つの自治区内では、不法占拠者は 30 日間不動産を占有するだけで、家主による立ち退きを難しくする幅広い法的保護が適用される。

ジュリアさんの夫デニス・カーリアン氏はポスト紙との電話で、「彼らを決して責めることはできない。銀の大皿で提供されているのだから」と述べ、不法占拠者らを「日和見主義者」と呼んだ。

「問題は悪化しているため、何かをしなければなりません。人々はこれらの法律を悪用し、操作しており、私たちの手は縛られています」と彼は言いました。

「私たちは何をしましたか?何もしませんでした。私たちは賃貸物件を提供しただけです。そして今、私たちは悪夢に直面しています。」

夫妻はレイクサイド・アベニューの投資物件の改修と両方の賃貸ユニットの賃貸人保険に53万ドルを費やしていたところ、不動産仲介業者のイジョナ・パルディ氏が3月5日に物件の鍵が交換されていることに気づいた。

鍵の交換が許可されていないことを確認した後、パルディさんは家に戻り、窓越しにパーカーを着てドリルを持った男のシルエットを見た、と仲介業者は語った。 毎日のメール

フォルマンさんとクルリアンさんはジャマイカにある投資用住宅の改築に50万ドル以上を費やしたが、不法占拠者がそれを押収し、訴訟を起こした。 グレゴリー・B・マンゴー

パルディさんは、警察に通報しようと車に行ったところ、数人の男たちが家から出てきて、家の前に駐車していた車を取り囲んだと語った。

「彼らは私を脅迫しようとしていたのです」と彼女は言った。

警察が到着すると、同紙がランス・ハント・シニアとロンド・L・フランシスと特定した2人は、1月からそこに住んでいたと主張したが、証拠を提示できなかった。

男たちは何事もなく家を立ち去り、パーディーさんと家の所有者は錠を交換する意向を発表した。 しかし警察は、もしそんなことをしたら逮捕すると告げた。

それは空虚な脅しではありませんでした。 わずか2週間後、クイーンズの別の住宅所有者、アデル・アンダロロさん(47歳)が、不法占拠者を排除するためにフラッシングにある100万ドルの自宅の鍵を交換したとして逮捕された。

夫婦がこの家の正当な所有者であるという証拠を警察に提出したため、不法占拠者たちは立ち退かされたが、不動産をめぐる両者の法廷闘争はまだ終わっていない。 グレゴリー・B・マンゴー

ハント・シニアとフランシスは翌日その敷地に戻り、パルディが署名した賃貸契約書だと主張するものを振った。 しかし、ジュリアさんとクリリアンさんは準備ができており、家が空き家であることを示すタイムスタンプ付きの財産書類とビデオを警察官に提供したと住宅所有者らがポスト紙に語った。

その後、警察が男たちを家の外に連行し、所有者が鍵を交換した。 夫妻が中に入ると、不法発掘を完全に無視した侵入者によって、新しく改装された家が損なわれているのを発見した。磨耗した木の床、壁の傷、邸内に広がるマリファナの匂いなどだ。

10日後、パルディさんは、男性らが彼女と夫婦、そして敷地を扱っている不動産会社トップ・ネスト・プロパティーズを告訴していることを知らせる法廷文書を受け取ったとき、彼らの試練の終わりは始まりに過ぎなかった。

不法占拠者らは3月22日にクイーンズ民事裁判所で緊急審理を認められ、そこで夫妻の弁護士レズバ・モロー氏はビジェイ・キットソン判事に対し、男性らが「詐欺を犯した」と主張して裁判を開くよう要請した。

クルリャンド氏によると、ハント・シニアとフランシスは、公文書を丸ごと混ぜ合わせ、急いでフォトショップで加工した「偽文書」を携えて法廷に出廷した。

「彼らはできる限りのすべてを見つけ出し、それをまとめました。彼らが提示した契約書はばかばかしいものです。契約は1月1日に署名され、1月1日に開始されます。」

「裁判所制度は不動産所有者の味方ではない」とクルリアン氏は語った。 @julie_julz4/ Instagram

ジュリアさんは「彼らがどうやって法廷に出る勇気があったのか分からない」と付け加えた。

不法占拠者の弁護士デニス・ハリス氏は、依頼人が賃貸申込書、賃貸契約書、テキストメッセージなど「彼らがそこに住んでいると信じられるほどの内容」を彼に見せてくれたと同メディアに語った。

彼女の次回の法廷予定日は4月5日である。 夫婦がキットソン判事にテナントの退去許可を進めることができるか尋ねたところ、裁判が閉会する前にそうすることは事態をさらに複雑にする可能性があると同判事は述べた。

「裁判所制度は不動産所有者の味方ではない」とクルリアン氏は語った。 「あなたの家に不法侵入した人を立ち退かせるのに何年もかかることがある?法律はどこにあるの?2年ごとに人の家に侵入して贅沢な暮らしができるのに、なぜそんなに苦労して家賃や住宅ローンを払う必要があるの?」

問題解決に向けてある程度の進展は見られたものの、最終決定が自分の手から離れてしまうのは依然として「怖い」とカーレランド氏は語った。

夫婦が家に到着すると、その家はひどい状態にあった。 グレゴリー・B・マンゴー

「他の法廷と同じように、物事がどのような方向に進むかは決してわかりません。それは恐ろしいことです。何らかの理由で裁判官がその日に私たちに不利な判決を下した場合、たとえ証拠があったとしても、一日の終わりに私たちにできることは何もありません」 –私たちはまだ法廷で争わなければなりません。」

「誰かが私の家に侵入し、私は法廷で彼らから訴訟を受けている。どうしてここにいることができるのか?どうしてそんなことが可能なのか?安全上の予防措置が必要だ」と彼は言った。

もっと読み込む…




https://nypost.com/2024/03/31/us-news/nyc-couple-sued-by-squatters-who-allegedly-took-over-their-930k-investment-home/?utm_source=url_sitebuttons&utm_medium=site %20ボタン&utm_campaign=サイト%20ボタン

共有URLをコピーする

READ  Amazonプライムの加入者はGrubhubPlusを1年間無料で利用できるようになりました