2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ハマスは数か月以内にガザ戦争を終結させる可能性のある人質協定を撤回したようだ:報道

ハマスは数か月以内にガザ戦争を終結させる可能性のある人質協定を撤回したようだ:報道

ニュース

新しい報告書によると、ハマスは月曜日、戦争終結計画を立てるまでの時間を稼ぐことを目的として、4カ月の停戦と引き換えにイスラエル人人質を解放する協定を破棄したようだ。

同紙の報道によると、パレスチナ運動の高官らは、他の合意に至る前に「完全かつ包括的な停戦」を望んでいると述べ、先週末パリで交渉された和平案を強化したようだ。 イスラエルの時代

この立場は、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の事務所が国際調停者とテロリストとの間の最近の会談を「建設的」だと述べたわずか翌日に発表された。

ウィリアム・バーンズCIA長官を含む米国の代表者、イスラエルとエジプトは週末、カタール首相と会談し、4カ月間の停戦を求める最新の和平提案について話し合った。 ウォール・ストリート・ジャーナル紙はこう述べた。

同紙によると、停戦開始から最初の6週間は、イスラエルがパレスチナ捕虜を釈放し、ガザへの援助を認めることと引き換えに、ハマスに人質に取られた女性と子供、高齢者が解放されることになった。

ガザ地区に入るケレム・シャローム交差点でイスラエル警察官が通過する物資を監視している。 ゲッティイメージズ

その後、ハマスに拘束されていたイスラエル軍の女性隊員が解放され、続いて男性兵士、そして最後に人間の遺体が解放される。

同紙は、この合意には、米国と他の国際指導者が戦争終結に向けて4カ月以内に合意に達するというハマスへの保証が含まれていると報じた。

ハマスが10月7日のイスラエル攻撃で1,200人を殺害し、240人を人質に取って以来数週間、ユダヤ国家の指導者らはテロ組織が完全に排除されるまで止めないと誓った。

イスラエル当局者らは同紙に対し、同国は「人質全員の解放とハマスの破壊に全力を尽くし」ており、今後も「人質全員の解放を確実にするために全力を尽くす」と述べた。

ガザ地区南部のハーンユニスから煙が立ち上る。IDFがここ数週間注目しているのはこれだ
ここ数週間IDF部隊が集中しているガザ南部のハーンユニスから煙が上がっている。 ロイター

現在の計画は、紛争が始まって以来提案された一連の停戦および和平案の最新のものだった。

つい先週、イスラエル軍がまずガザから完全に撤退しない限り、ハマスが交渉を進めることを拒否したため、人質と捕虜の交換と引き換えに1カ月間の停戦を目指す交渉は決裂した。ハマスが運営する保健省は、ガザで2万5000人が死亡したと発表している。

その数日前、ハマスは両国が再び行き詰まり、「捕虜が戻る可能性はない」と述べた。

11月には1週間の停戦に成功し、100人以上のイスラエル人人質と240人以上のパレスチナ人捕虜が解放され、その後戦闘が再開された。

もっと読み込む…




https://nypost.com/2024/01/29/news/hamas-pulls-out-of-hostage-deal-that-c​​ould-have-ened-war-in-gaza-within-months/?utm_source=url_sitebuttons&utm_medium =site%20ボタン&utm_campaign=site%20ボタン

共有URLをコピーする

READ  何百人もの女子学生が毒殺されたという報告により、イランで懸念が高まっています