9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ハリケーンナバルドックは7月27日に日本の本島で地滑りを引き起こす可能性があります

気象庁によると、太平洋の国から北上するハリケーンにより、オリンピックが開催される東京を含む日本の本島で地滑りが発生する可能性があるという。

台風ナバルダックが西に移動し、日本東部と北東部に接近すると予想されるため、一部のオリンピックイベントは天候の影響を受ける可能性があり、気象庁は大雨、風、高波について警告しています。

今年の8番目のハリケーンは、月曜日の正午まで太平洋を時速35kmで北西に移動していました。 その中心には992ヘクトパスカルの大気圧があり、時速108kmまでの風が吹いていました。

火曜日の正午から24時間以内に東京を含むドーハ地域で最大150mmの雨が降り、近藤ゴッシュ地域では100mmの雨が降ります。

東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会は、混乱を避けるためにすでにスケジュールが変更されているボートとアーチェリーを除いて、火曜日に予定通りに大会を開催する予定です。

組織委員会のタガヤ・マソノリ氏は、「イベントに関わったすべての人の安全を守りたい。変更があればすぐに通知される」と語った。

特に宮城県でのサッカーの試合など、観客を魅了するイベントに天候が影響する場合は、チームが迅速に情報を公開する予定だと高谷氏は付け加えた。

気象庁は、ハリケーンや落雷などの強風に焦点を当てながら、大雨による地滑りや洪水について警告しています。


関連する報道:

東日本に向かうハリケーンは7月27日に地滑りを引き起こす可能性があります


READ  中国の懸念の中で、日本とベトナムは証券取引所協定に署名しました