4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バイデン来日は債務交渉で中断されない=ホワイトハウス

バイデン来日は債務交渉で中断されない=ホワイトハウス

国会議員とホワイトハウスが債務不履行回避に向けた合意形成に向けて対立する中、バイデン大統領は1週間の外遊を延期するかどうかという疑問があるにもかかわらず、予定通り水曜日に日本へ出発する。

ジョン・カービー国家安全保障報道官は月曜日、記者団に対し、「われわれは依然として予定通り水曜日に出発する予定だ」と述べ、「彼はまだ渡航できると期待しているので、我々全員が予定通り水曜日に出発するつもりだ」と述べた。

大統領は、5月19日から21日まで日本の広島で開催される主要7カ国(G7)会合に出席するため、午後に出発する予定だ。 同氏はその後パプアニューギニアを訪問し、5月24日にシドニーで開催されるクアッド首脳会議に出席する予定だ。

旅行を短く切り、後半を飛ばしてワシントンに戻るかとの質問に対し、カービー氏は「今回の旅行は予定通り行うつもりだ」と述べた。

大統領は今週末記者団に対し、「現在の計画」は水曜日に退任することだと語った。 その上で、会談に自信を持っており、双方が合意に達することに意欲があると述べた。

バイデン氏とケビン・マッカーシー下院議長(共和党、カリフォルニア州)を含む議会指導者らは、考えられる解決策について議論するために過去数日間スタッフが集まっていた後、火曜日に再び会談する予定だ。

これは、金融システムに大混乱をもたらす可能性がある米国が数兆ドル規模の債務不履行に陥る可能性があると財務省が設定した6月1日の期限に反するものである。

マッカーシー氏は月曜日、議会議員に可決に十分な時間を与えるため、今週末までに合意に達するよう主張した。 これまでのところ、双方とも先週よりも合意に近づいているとは示していない。

Copyright 2023 Nexstar Media Inc. 全著作権所有。 このコンテンツは出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  日本の外務大臣がNATO加盟国との関係強化のためポーランドを訪問