4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バイデン氏がホットマイクで語る:途中でネタニヤフ首相と「イエス会談」

バイデン氏がホットマイクで語る:途中でネタニヤフ首相と「イエス会談」

バイデン大統領は一般教書演説後、民主党議員と閣僚に対し、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相に「イエスとの会談」が必要だと伝えたと語った。

バイデン氏のコメントは、下院議場でマイケル・ベネット上院議員(民主党、コロラド州)と話す際のホットマイクで捉えられたもので、ベネット氏が大統領の演説を祝福し、ネタニヤフ首相への圧力を続けるよう圧力をかけた後に発せられた。その件に関しては。 – ガザで人道問題が増大。

アントニー・ブリンケン国務長官とピート・ブティジェッジ運輸長官は、短い会談の間、バイデン氏とベネット氏の側に立っていました。

バイデン氏はネタニヤフ首相に「あなたと私はイエスのために会談するつもりだ」と伝えたことをグループに共有し、同じことを繰り返してほしくないと付け加えた。

その後、バイデンの側近が現れ、マイクがまだオンになっていると大統領に知らせた。

バイデン氏は「私はここでホットマイクを担当している」と応じた。 「よかった。それはよかった」

CNNの演説分析によると、バイデン氏は演説中、イスラエルとハマスの戦争について話すのに5分以上を費やし、民主主義について語る時間を除けば、単一のテーマに費やした時間としては最多となった。

バイデン氏は「この戦争は、ガザでのこれまでのすべての戦争を合わせたよりも罪のない民間人に大きな犠牲を与えた」と述べ、イスラエルに対し「役割を果たし」、ガザ地区内でのより多くの援助と国境の開放を許可するよう求めたと付け加えた。

ネタニヤフ首相とその政府がガザへのさらなる支援物資の到達を望まないことに公に不満を表明している大統領は、演説の中で、より多くの物資を届けるためにガザ地区近くに臨時埠頭の設置を支援すると米軍が支援すると発表した。

「今夜、私は米軍に対し、ガザ沿岸の地中海に食料、水、医薬品、一時避難所を積んだ大型貨物を受け入れることのできる臨時桟橋を設置する緊急任務を指揮するよう指示した」と述べた。

先週、国防総省はガザへの援助物資の空輸を開始した。

Copyright 2024 Nexstar Media Inc. すべての権利は保存されます。 この素材を出版、放送、書き換え、再配布することはできません。

READ  最近の台湾危機の間、アメリカ軍は中国軍を上回った。 今はやめろ。