6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バイデン氏の残業代規定に米国の経済団体が異議を唱えている

バイデン氏の残業代規定に米国の経済団体が異議を唱えている

ダニエル・ウィーズナー著

[ロイター] – 米国の経済団体連合は、労働者400万人に残業代の強制適用を拡大するバイデン政権の規則が行き過ぎだとして、阻止を求める訴訟を起こした。

団体は水曜日遅く、テキサス州のシャーマン連邦裁判所に訴状を提出し、米国労働省にはこの規則を採用する権限がなく、この規則は企業に人員削減や労働時間の制限を強いることになると主張した。

この規則では、週40時間を超えて働く場合、週給1,128ドル、つまり年間約5万8,600ドル未満の労働者に対して、雇用主に時間外割増金を支払うよう義務付けている。

現在の年間約3万5500ドルの上限は、トランプ政権が2020年の規則で定めたものだが、擁護団体や多くの民主党議員らは、十分な労働者をカバーしていないと主張している。

新しい規則を遵守するためのコストにより、「固定予算で運営されている多くの小規模雇用主や非営利団体は、重要なプログラム、人員配置、国民に提供されるサービスの削減を余儀なくされる」と企業団体は訴訟の中で述べた。

労働省はコメントを控えた。 同庁は、この規則の導入にあたり、低賃金労働者は時間給労働者と同じ仕事をしていることが多いが、残業代なしで長時間労働していると述べた。

この訴訟に関与する団体には、全米独立事業者連盟、国際フランチャイズ協会、全米小売連盟などが含まれる。

この訴訟は、元共和党大統領ドナルド・トランプによって任命された連邦地方判事ショーン・ジョーダンに付託された。

シャーマン事件のもう一人の判事であるアモス・マザント連邦地方判事は、2017年に最低残業代を約4万7000ドルに引き上げる規則に反対した。

マザント氏は、この上限は非常に高く、連邦賃金法に基づいて残業代を支払う権利のない一部の部門職員を一掃することになると述べた。

「同省の2024年の残業規則は、2016年の規則の誤りをほぼ繰り返しており、当裁判所が以前に指摘した欠陥に対処できていない」と企業団体は訴訟の中で述べた。

新しい規則の下では、給与制限は7月1日には4万3,888ドルに、2025年1月1日には5万8,656ドルに引き上げられる。2027年からは、平均収入の変化を反映して制限は3年ごとに自動的に引き上げられる。

(ニューヨーク州アルバニーにてダニエル・ウィーズナーによる報告;キルステン・ドノバン、ウィリアム・マクリーンによる編集)

READ  カーギルのチャーター船が海上で風力発電の試験に出航中