6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バイナンスの日本代表は、ステーブルコインは実体経済とブロックチェーンの間の「接着剤」であると語る

バイナンスの日本代表は、ステーブルコインは実体経済とブロックチェーンの間の「接着剤」であると語る

志野武志氏は、規制対象の仮想通貨取引所サクラエクスチェンジビットコインの買収による日本での金融再参入について語り、仮想通貨価格の変動がどのように利益機会につながる可能性があるが、仮想通貨への幅広い需要を促進するのには役立たないと説明した。

「私たちはステーブルコインが実体経済、ブロックチェーン経済、金融エコシステムの間の接着剤として機能すると信じています」とチノ氏は述べた。 「何かを安定させると、価格変動が大きくなります。」

ステーブルコインは、従来の資産(通常は米ドルなどの法定通貨)の価値に結びついているため、ビットコイン(BTC)などの暗号通貨を悩ませることの多い価格変動が起こらないように設計されています。

チノ氏は、仮想通貨の冬はバリュエーションの低下と取引量の減少により手数料収入が減少し、仮想通貨取引所ビジネスの伝統的なモデルに支障をきたす可能性があると述べた。 同氏は、暗号通貨とブロックチェーン技術を通じた「経済的自由」に対するファイナンスのビジョンは、取引所のビジネスモデルと現在の市場状況を打ち破るものだと述べた。

「エコシステムには多くの側面があります」と彼は言いました。 「例えば、金融に関しては別の角度から別のサービスを提供していきますし、Web3という形で別のIP(知的財産)コンテンツも提供していきます」。

バイナンスが来月日本に進出するのは、同社が無許可で運営されているとして日本の金融庁(FSA)から警告を受けてから2年後のことだ。

チノ氏は、日本で規制当局の承認を得る鍵の 1 つは、信頼を得るために製品がどのように機能するかを確実に理解することであると説明しましたが、これは難しいことであると彼も認めています。

同氏は、「当社の製品と技術には自信を持っているが、同社がバイナンスとその運営を十分に理解しているかどうかには、まだ程遠い」と述べた。

READ  国連は日本に損傷した福島原子炉を調査するよう要請する