8月 8, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バカラとは?

バカラは、世界中のランドカジノでプレイされている人気のカジノゲームです。ランドカジノに行ったことがない方でも、バカラというゲームを聞いたことがあるのではないでしょうか。
今回は、バカラとはどのようなゲームなのかを見ていきましょう。

バカラの歴史

まず、バカラ ゲームの歴史について見ていきましょう。
バカラの誕生には諸説ありますが、中世のイタリアで誕生したカードゲームとされています。
最も濃厚な説は、バカラはフェリックス・ファルギエールというイタリア人がタロットゲームを元に考案したと言われています。イタリアでプレイされた後、バカラの人気はフランスをはじめとするヨーロッパに広まりました。
バカラはフランスで特に人気があった。バカラはフランスの貴族を中心に遊ばれていました。しかし、あまりの人気に貴族たちはバカラしか遊ばなくなり、ルイ・フィリップ王はバカラを非合法化したほどでした。バカラはそれほど人気のあるゲームだったのです。
1959年、バカラはヨーロッパからアメリカに紹介され、その後世界中に広まりました。現在、バカラはヨーロッパだけでなく、アメリカやアジアなど世界中のランドカジノでプレイされている定番のゲームです。
そして、現在ではオンラインカジノでもバカラをプレイすることができるのです。

バカラをプレイしてお金を稼ぐことはできる?

ランドカジノでは、多くのカジノゲームをプレイすることができます。その中でもバカラは最もペイアウト率が高く、稼ぎやすいゲームと言われています。バカラをプレイして1日で数百万円を獲得したプレイヤーも少なくありません。また、バカラは必勝法を用いることで、ペイアウト率を99%まで高めることが可能です。

例えば、バカラで最も成功しているプレイヤーの一人に、サウジアラビアのアドナン・カショギがいます。

アドナン・カショギは、サウジアラビア国王の専属医師を父に持ち、元はサウジアラビアの武器商人でした。また、甥にダイアナ妃と事故死したドディ・アル・フェイドがいることでも知られています。

アドナン・カショギはバカラやブラックジャックのハイローラーであり、頻繁にカジノゲームをプレイしていたといいます。そして、3カ月で14億円をカジノで使うなど、かなり多額の賭けをし、その大勝ちによってヒルトン・インターナショナルの営業成績が10%以上下がったという伝説があります。

もう一人の日本人ハイローラーは、柏木昭夫氏です。

柏木昭夫氏は、日本のプロバカラプレイヤーとして圧倒的に知名度が高く、ドナルド・トランプ元米国大統領と対戦したことでも知られています。

ドナルド・トランプ氏に招待された柏木昭夫氏は、トランプカジノのバカラテーブルで9億円以上を獲得したことでも知られています。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の一面に「世界で最も派手なギャンブラー」として掲載されました。

READ  人々がオンラインでバカラをプレイする理由