12月 4, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バスか電車か? 世界初の「デュアルモードビークル」が日本で稼働を開始

東京、12月24日-これはバス、電車、DMKです! 世界初のデュアルモードビークルは、路上でも電車でも同じように、土曜日に日本の徳島県京で公開デビューします。

DMVはミニバスのように見え、道路上の通常のゴム製タイヤで走行します。 しかし、トランスミッションに関しては、スチールホイールが車両の下側からレールに降りて、それをトレインボックスに変えます。

DMVがレールに打ち込まれた後、後輪が下がっている間、レールホイールは前輪をトラックから持ち上げます。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

DMVを運営するアサコースト鉄道の最高経営責任者(CEO)は、地元の運輸会社が利益を上げるのに苦労している高齢化と人口減少のあるガイオのような小さな都市に車両が役立つ可能性があると述べた。

「それ(DMV)は(バスで)地元の人々に到達し、鉄道で彼らを連れて行くことができる」とCEOの三浦茂樹は金曜日にロイターに語った。 「特に人口の高齢化が進む農村地域では、これが優れた公共交通機関になると期待しています。」

Asa Coast Railwayによると、DMVは最大21人の乗客を運ぶことができ、鉄道では60km / h(37 mph)、公道では100km / h(62 mph)で移動できます。

ディーゼル燃料を動力源とするさまざまな色の小型車が、日本の四国の海岸の一部を走り、多くの小さな町をつなぎ、旅行者に魅力的な海岸の景色を提供します。

三浦氏は、このプロジェクトが全国の鉄道ファンの訪問を促すことを望んでいると語った。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

フィリップ・フレッチャーが編集したガレス・ジョーンズが書いたロイターのテレビレポート

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  金曜日に予定されている日本のCBIレポートで、米ドル/円安が私たちに伝えていること