5月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バドミントン:マレーシアが日本を3対1で破って準決勝に進出し、シフェイ=イズディンが英雄となった。

バドミントン:マレーシアが日本を3対1で破って準決勝に進出し、シフェイ=イズディンが英雄となった。

成都:マレーシアはトーマスカップ決勝で日本を破ったものの、準決勝に進むことができなかった。

木曜日、第2ダブルスでゴー・セー・フェイ選手とヌル・イズディン・ラムサニ選手が18-21、21-15、21-12でコカ・アキラ選手と斉藤太一選手を破り、マレーシアに3勝目を挙げ、勝ち点3-1を獲得した。

マレーシアが最後に準決勝に進出したのは2016年で、8年間の待ち時間に終止符を打った。

彼らは土曜日のベスト4の戦いで強大な中国と対戦する。 もう一方の準々決勝では、中国が前回王者のインドを3対1で破った。

プロのシャトルラー、リー・ジジアは木曜日(5月2日)のトーマスカップ準々決勝で、日本戦で無慈悲なスタートを切り、西本健太を21対13、21対3で破った。

日本はコタイ・ナロカの代わりに第2シードの西本を投入してサプライズを起こし、ジイ・ジイはこの状況を利用して終始リードし、ハイテックゾーン・スポーツアリーナで33分に調子の悪い相手を粉砕した。 成都で。

ジ・ジア選手は日本戦11試合中8勝目となった。

「チームにとって初の勝ち点を獲得できてとてもうれしい」とジ・ジアは語った。

「正直に言うと、西本は第2ゲームでアンフォーストエラーが多すぎた。 彼の何が問題なのか分かりません。

「僕としては、早く試合に勝つことができて良かったです」。

西本選手は落胆した様子で、「コーチたちは、シングルスの最初の試合で私を起用するのが最善の戦略だと考えた。私は挑戦したが、第二試合では習佳選手が非常に攻撃的で、失点を重ねた。私は怪我をしなかった。」と語った。 」

世界10位のジア・ジア選手の印象的なパフォーマンスは、開幕戦を21-18で制し、保木拓郎選手と小林優子選手に失礼なショックを与えたアーロン・チア選手とソー・ウーイー選手のダブルスのペアを後押ししたはずだ。

その後、両ペアは元世界チャンピオン同士の戦いでお互いを上回ろうとしたが、最終的にはアーロン-ウーイクが21-18、14-21、19-21で反撃し、日本が同点に追いついた。

世界ランキング5位のアーロン・ウィイクは、14対19とリードされた決勝戦で好パフォーマンスを見せ、19対19で決勝戦を制したが、試合を終わらせることはできなかった。

「スタートは良かったが、日本のペアは第2試合と第3試合で大きなプレッシャーをかけてきた」とキャプテンのウー・イーは語った。

「最も重要なことは、劣勢から追いついたにもかかわらず、第3戦の大事な場面で勝ち点を奪えなかったことであり、残念だ」。

マレーシア人は2021年のスディルマンカップで優勝して以来、まだ日本のトップペアを破っていない。

セカンドシングルスでは世界37位のレオン・ジュンハオと対戦するチャンスがあったが、世界22位の渡辺航義を21-13、21-10で破り、すぐにマレーシアのアドバンテージを取り戻した。

Jun Hao はゲーム全体をコントロールし、冷静さを保ってわずか 35 分で勝利を収めました。

2月のアジア団体選手権準決勝で渡辺に敗れた24歳にとって、それは甘い復讐だった。

「今は自分のパフォーマンスに満足している」とジュンハオは語った。

「これまでのトーナメントで最高のパフォーマンスだったし、とても満足している。

「試合を通して一貫性を保ち、渡辺にプレッシャーをかけ続けることができた。」

READ  スターバックスは皇居の外にオープンし、フラペチーノは日本で他にありません