2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バレンタインデーのチョコレートを自分で買う日本人女性が増えている

バレンタインデーのチョコレートを自分で買う日本人女性が増えている

最近の民間企業の調査によると、バレンタインデーにチョコレートを買う予定の日本女性の数は、ガールフレンドにご褒美をあげる女性の3倍だという。

マーケティング会社インテージによると、回答者のうち、女性の21.7%が自分にチョコレートを買う予定で、前年より8.5%ポイント増加しており、女性が自分へのご褒美に甘いものを食べる傾向が高まっていることを反映しているという。

木曜日に発表された調査によると、自分のために購入を計画している女性と、パートナーや好きな人の間の差は、昨年の1.7倍と比較して3.4倍に拡大している。

1月 2024年17日、バレンタインデーの一般販売開始前日に、名古屋の高島屋で特別販売イベントが開催された。 (京都) ==京都

日本では伝統的にバレンタインデーに、女性が夫やボーイフレンド、父親、同僚などの身近な男性にチョコレートの箱を贈る習慣があります。

価格の上昇、日用品の必需品、財布のひっ迫にもかかわらず、女性はチョコレートへの支出も増えており、平均予算は34.0%増の5,024円(34ドル)となっている。

恋人へのチョコレート、自分へのチョコレートへの支出金額もそれぞれ3,222円、1,766円と前年より増加した。

1月 2024年17日、バレンタインデーの一般販売開始前日に、名古屋の高島屋で特別販売イベントが開催された。 (京都) ==京都

最大のコホートである44.7%は家族のためにチョコレートを買うと答えており、オンライン調査では1月に15歳から79歳の女性から1,257人の回答が得られた。

インテージ担当者は「(バレンタインデーの)楽しみ方が多様化し、自分へのご褒美に(チョコレートを)買う人が増えている」と話す。

一方、働く女性の多くは男性同僚に「義務的」チョコレートを贈る伝統に従うことに消極的で、回答者370人中82.2%がそのようなチョコレートはあげたくない、と回答した。

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 若掛は膝の手術を受け、最大1年間の戦線離脱の可能性がある