4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バンクシーの都会の木のアートワークが白いペンキで汚される

バンクシーの都会の木のアートワークが白いペンキで汚される

  • トーマス・マッキントッシュ、アンナ・オニール、イシア・ブックシュ著
  • BBCのニュース

画像ソース、 マッケンナさんが亡くなった

写真にコメントして、

作品は週末にフィンズベリー・パークに展示されたが、白いペンキで汚されていた

ロンドン北部の集合住宅にストリートアーティストのバンクシーが描いた壁画が汚された。

このアートワークは週末に公開され、近くの木の後ろの壁に緑色のペイントの帯を描いて葉の外観を作り出しています。

しかし水曜日の朝までに、金属製の保護フェンスで囲まれた作品には白いペンキが飛び散っていた。

イズリントン市議会は、CCTVを設置し、ビジネスを保護するための他の方法を検討していると述べた。

広報担当者は当局がこの作品を歓迎していると述べ、「われわれはこの作品が存続することを強く望んでいる」と付け加えた。

写真にコメントして、

木はその前後で切り倒され、バンクシーの壁画は白いペンキで塗りつぶされたように見える

彼らはさらに、「これは本当に力強い芸術作品で、私たちのコミュニティや気候変動への緊急事態への取り組みにおいて木が果たす重要な役割を強調しています。この作品が汚されるのを見るのは悲しいことです。」と付け加えた。

この壁画が最初に登場したとき、「私たちは壁を保護し、群衆を管理するために、フェンスを設置したり公園巡回員を訪問したりするなど、一時的な措置を講じるために迅速に行動しました。」

市議会は「誰もが芸術作品を楽しめるように」住宅所有者と「将来の解決策」について話し合っていた。

画像ソース、 ローラ・ガルシア

写真にコメントして、

カルロス・セラーノは気が付くとバンクシーのショーの真っ只中に生きていた

地元住民でジャーナリストのカルロス・セラーノさんは、アパートの隣でバンクシーの絵画が発見されたことが「クレイジーな日々」をもたらしたと語った。 彼の窓は現在、ストリート アートを保護する柵で囲まれたエリア内にあります。

彼はBBCロンドンにこう語った。「これは新しい人々に会い、自分が本当にこのコミュニティの一員であると感じる機会だと思うので、本当に興奮しています。」

セラーノ氏はさらに、「ここは私有地であり、私たちはここに住んでいます。私たちはプライバシーを維持したいと考えています。それは重要だと思います。しかし同時に、人々がこの種のことを楽しむことが重要です。」と付け加えた。

「本当に残念だ」

この作品を見に大勢の人が訪れたが、地元住民のマット・マッケンナさん(35)はBBCロンドンに対し、水曜日の朝、犬の散歩をしていたときに壁画の白いペンキを見た、と語った。

「本当に残念だ。一夜の出来事だった」と彼は語った。 「日曜日にそれが登場したとき、私のパートナーはそれを見て、誰もがそれについて話している前に、本当に気に入ったと言いました。

「多くの人が話題にしていますが、ロンドンの中でも忘れられがちな場所でもあります。」

写真にコメントして、

週末にバンクシーの作品が公開されて以来、多くの人がバンクシーの作品を見るためにフィンズベリーパークを訪れました。

白いペンキを塗った人物の身元はまだ判明していない。

LDNグラフィティのグラフィティアーティスト、ジョー・エプスタイン氏は週初めにBBCの番組「バンクシー・ストーリー」で、グラフィティアーティストたちはしばしば「縄張り争い」を繰り広げ、「お互いの作品を奪い合う」可能性があると説明した。

「これらの作品のストーリーの一部は、人々がどのように作品に追加したり、攻撃したり、同調させたりするかということです」と彼は言う。

写真にコメントして、

地元の元美術教師ドン・キャンベル氏がBBCロンドンに白絵の具についての考えを語った。

元地元の美術教師であるドン・キャンベル氏はBBCロンドンに対し、白いペンキは「ある種の魅力を加えていると同時に、気を紛らわせている」と考えていると語った。

「これは数日以内に起こり得る出来事の歴史の一部だ」と彼は語った。

画像ソース、 ジェームズ・ベック/バンクシー・ストーリー

写真にコメントして、

白いペンキで塗装される前のアートワークで使用されている色は、イズリントン市の看板と同じ色です。

バンクシーの多くの作品と同様、最新作も論争を巻き起こし、桜の木が剪定されすぎている、あるいは汚染されすぎているとする一部の自然保護活動家らの意見など、さまざまな意見が飛び交っている。

ハーリンゲイ・ツリー・プロテクターズのジオ・ルッツィ氏は、桜の木は「非常に残酷に」切り倒されたと語った。

「桜の木はこの種の汚染にはあまり反応しません」と彼女は言う。

「咲いているはずだ。満開だろう。3月だ」。

イズリントン市議会は、バンクシーが選んだ桜の木は樹齢40~50年で、菌類の被害や腐敗が見られ、健康状態は悪かったと説明した。

地元当局は、この木を生かし、樹冠から再生する場合には引き続き努力すると述べた。

市議会を代表して現在の形状に木を剪定する責任を負う会社の責任者は、彼のチームが木の上部を取り除く「剪定」として知られる「古い形式の剪定」を使用したと述べた。

同氏は、これが「木の寿命を延ばすには非常に良い方法」だとし、「春には成長が活発になる」ことを期待していると語った。

READ  リネット・ロメロがアンカーとして NBC4 に参加 - NBC ロサンゼルス