9月 18, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

パラリンピックが始まる数日前に、日本は記録的な数の政府の事件を調べています

東京の救命救急ベッドの収容能力が閉鎖される1週間前に、日本は記録的な数のコロナウイルスの症例を記録しました。 パラリンピック

最新の波 Govit-19 水曜日に大阪、近隣の隼子、その他の州で記録された検問所について、以前の噴火の震源地である東京を越えて感染が広がっています。

全国放送のNHKは、全国の1日あたりの感染数は23,917に達していると推定しています。

東京は1日で5,386件の症例を記録しました。これは先週の金曜日の過去最高の5,773件よりわずかに少ないですが、医療専門家は実際の低い検査率の数ははるかに多い可能性があると述べました。

政府関係者と科学者は意見の相違を続けていますが オリンピック 最近の盛り上がりに貢献し、東京の非常事態宣言の中でパラリンピックの準備が続いており、大会後も引き続き有効です。

緊急作戦は日本の人口のほぼ60%をカバーし、9月12日まで続きます。 当初は8月31日に終了する予定でした。

これらの対策は、感染の拡大を防ぐことができませんでした。

現在、当局は、コンプライアンスを促進するために助成金と罰金の組み合わせを使用して、バーやレストランがアルコールを提供するのを止め、早期閉鎖を要求することしかできません。 日本のメディアによると、東京の一部の地域の企業の約40%が規則を無視しています。

政府は大型ショッピングモールやデパートに同時に顧客数を管理するよう要請する。

感染の第5の波は病院のベッドに圧力をかけ、政策決定が急速に悪化し、人口の死につながるという証拠にもかかわらず、政府は自宅で「軽度の」症状を持つ人々を治療することを余儀なくされています。 8月11日の時点で、保健省は74,000人以上が自宅で隔離されたと発表しました。これは1か月前の13倍です。

東京の主力ベッドの80%以上が占有されており、隣接するカナコ県ではすでに100%の割合です。 深刻な事件は火曜日に東京で276件、全国で1,646件に増加した。

感染症の専門家である渋谷健二氏は、法的な変更がなくても、ホテルをより広範囲に使用して患者の検査と隔離を行うことで、発生を減らすことができると述べた。

キングス・カレッジ・ロンドンの人口健康研究所の元所長である渋谷氏は、「現行法の下では、政府を管理するためのより効果的な措置を講じることができたはずだ」と述べた。

最新の盛り上がりは先月のオリンピック開幕直前に始まり、試合中ずっと続き、ほとんどの場合観客は禁止されていました。

来週火曜日に開催されるパラリンピックは、限られた数の生徒が参加できると言われていますが、スポーツファンはほぼすべてのパラリンピック競技から除外されます。

菅義偉首相と東京2020主催者は、オリンピックは「安全で安心」であると主張し続けています。このイベントがゆるい行動を助長すると信じている専門家とは対照的に、このウイルスは一般の人々に広まるのに役立っています。

日本の1億2500万人の半数が少なくとも1回のCovit-19ワクチン接種を受けていますが、完全にワクチン接種されているのは3分の1にすぎません。

READ  日本では、ゲームが近づくほど、自然災害のリスクが潜んでいます。