7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ヒューストンの教師、生徒31人が2日間日本に足止め

ヒューストンの教師、生徒31人が2日間日本に足止め

ヒューストンの学生 31 人のグループは、予約が失われ、日本で 48 時間足止めされました。

トレバー・ブッフォン

日本への旅行は、終わるまで素晴らしいものになるかもしれません。 ヒューストンの ISD 学生 31 名が、EF ツアーズ主催の 9 日間の日本ツアーを終えて、50 時間近くかけて世界中を旅して帰国しました。 一行は金曜日に大阪から東京へ飛び、その後東京からダラスへ飛び、その後ヒューストンへ向かう予定だった。 しかし、金曜日にチェックインデスクに到着すると、予約は失われており、最も早いフライトは13日先になると言われました。

HISD の学生グループは EF ツアーで日本に旅行しましたが、予約が失われ 2 日間足止めされました。

HISD の学生グループは EF ツアーで日本に旅行しましたが、予約が失われ 2 日間足止めされました。

トレバー・ブッフォン

カーネギー バンガード高校のスペイン語教師 Dr. 遠征隊のリーダーの一人を務めたトレバー・ボフォン氏は、隊の帰国までの道のりを記録し、TikTokで何百万もの再生回数を獲得した。 「2日前、私たちは大阪空港に到着しました」と彼は動画の中で語った。 「チェックインしようとすると、『いいえ。予約はありますが、予約はありません』と言われました」とボッフォンさんはビデオで語った。 「東京以降はすべて問題なかったが、東京行きの飛行機には航空券がなかった。私たちは予約をしており、料金も支払った。しかし、アメリカン航空はその情報を日本航空に送信しなかった。」

広告

記事はこの広告の下に続きます

インタビューで コウ11生徒の一人、カロリーナ・エスコベドさんは「正直に言って、最初は信じられなかった。彼らは私たちにいたずらをしようとしているのかと思った」と語った。 以前、授業中のダンス動画が TikTok で話題になったボフォンさんは、自分たちの様子を記録することにしました。

それで、その後2日間、一行は日本で足止めされた。 「最初の24時間は本当に大阪で立ち往生していて、本当に何もできなかった」とボッフォンさんは電子メールで述べた。 「私たちは大阪空港のチェックインエリアの床に7時間座って、ようやくホテルに入ることができました。」

明治寺は学生たちが日本で訪れた場所の一つです。

明治寺は学生たちが日本で訪れた場所の一つです。

トレバー・ブッフォン

広告

記事はこの広告の下に続きます

翌日、グループは他の 2 つの「とてもクールな」ホテルを訪れ、ボッフォン氏が言う大阪ではなかなか楽しめない楽しいことをいくつか楽しむことができました。 「人々は私のビデオにコメントしたり、提案をメールで送ってくれたりし続けますが、私たちはもう休暇ではありません」と彼女は言いました。 「私たちは帰国便の再予約を手伝ってくれるアメリカン航空やEFツアーズを待っていました。大阪にいるのを楽しむことができませんでした。」

カーネギー・バンガード高校のスペイン語教師であるトレバー・ブッフォン氏は、日本で立ち往生した後、生徒たちとどのようにして帰国したかをTikTokに記録した。

カーネギー・バンガード高校のスペイン語教師であるトレバー・ブッフォン氏は、日本で立ち往生した後、生徒たちとどのようにして帰国したかをTikTokに記録した。

トレバー・ブッフォン

幸いなことに、EF ツアーズはグループのためにルートを手配することができました。 まず大阪からバンコクまで移動し、そこで9時間の休息をとらなければなりませんでした。 その後、彼らはバンコクからドイツのミュンヘンに飛び、次にノースカロライナ州シャーロット、そして最後にヒューストンに到着しました。 「今日の実際の飛行時間は42時間かかる」とボッフォン氏は離陸前に自身のTikTokで語った。 「基本的に、私は修学旅行で世界一周をしているのです。クレイジーなことになるでしょう。」

ボッフォン氏は、困難にもかかわらず、学生たちは立ち直る力があると語った。 少なくともできる限りは。 「何が起こっているかに動揺している人もいたと思うが、興奮は高かった」と彼は語った。 「バンコクでの長い乗り継ぎの間、士気は非常に低く、残りの旅は苦戦した。誰もが疲れていて、家に帰りたがっていた。」

広告

記事はこの広告の下に続きます

トレバー・ブッフォンと彼の生徒たちは月曜日にヒューストンに戻った。

トレバー・ブッフォンと彼の生徒たちは月曜日にヒューストンに戻った。

トレバー・ブッフォン

旅行期間だけで予算が足りなくなり、4~5日分の食費を想定していない学生もいた。 ホッとしたことに、グループはワールドツアーを終えて月曜日の午後にヒューストンに戻った。 「人生でこれほど疲れたことはありません」とボッフォンさんは語った。 「体内時計が狂っていて、今何時なのか、食事の時間、寝るべきなのか全く分かりませんでした。」

ボッフォンさんは、日本への旅行は楽しかったが、どんな冒険にも有効期限があると語った。 「日本は本当に素晴らしかったのに、8月11日に空港に着くとすぐに家に帰る準備ができました」と彼女は言い、飼っていた猫たちが恋しいと付け加えた。 「帰国まで5日間待たなければならず、アメリカン航空の人質に取られているような気分でした。」

本稿執筆時点でEFツアーズとアメリカン航空は墜落に関するコメント要請に応じていない。

広告

記事はこの広告の下に続きます

READ  日本円はまだ底を見つけていない