2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ビットコインの週間上昇率は4カ月ぶりの大きさとなった

ビットコインの週間上昇率は4カ月ぶりの大きさとなった

アマンダ・クーパーとアラン・ジョン著

ロンドン(ロイター) – ビットコインは金曜日に5%上昇し、1カ月ぶりの高値を付けた。アナリストらによると、4月の半減期イベントを前にした買い占めと、上場投資信託(ETF)からの資金流出が最近鈍化していることが支援された。

米国に上場されているビットコインスポット取引所で取引される最初の商品が規制当局の承認を受けた後、価格は取引時間のピークである47,705ドルまで上昇し、1月以来の高値となった。

世界最大の仮想通貨は前回3.5%上昇して4万6946ドルとなったが、今週は10%上昇する予定で、10月以来の1週間で最大の上昇となる。 イーサリアムは2.5%上昇し2486ドルとなった。

ビットコインは1月に4万9000ドルを超える2年ぶりの高値に達したが、証券取引委員会が最終的にETFを承認したことを受けて利益確定の「ニュース売り」の波に圧迫され、その後は下落傾向にある。

ビットコインの下落はここ数週間の他の金融市場とは逆で、世界の中央銀行が今春利下げに転じるとの期待から株、債券、金が上昇している。

それ以来、政策当局者らは反発し、経済指標は金利がすぐに低下するはずだという見方を裏付けていないが、株式などのリスク資産は上昇し、ビットコインは上昇を再開している。

アナリストらは、金曜の価格急騰は最近のETF流出鈍化と4月の半減期前の買いの爆発の結果だと述べた。

スコープ・マーケッツのシニア市場アナリスト、ジョシュア・マホニー氏は「今朝ビットコインが4万6000ドルに戻ったことで、トレーダーらは約2カ月後に予定される待望の半減期イベントに向けて明らかに準備を整えている」と述べた。

次の半減期は4月に行われる予定だが、これはトークン生産報酬を半分にすることで最大2100万枚の供給量(うち1900万枚はすでにマイニング済み)のビットコインの発行を遅らせることを目的としたプロセスだ。

マホニー氏は「歴史的な傾向が今後も維持されれば、半減期後のアウトパフォームというこれまでのパターンを踏まえると、トレーダーらは2024年に好況が訪れることを期待するだろう」と述べた。

ビットコインの価格は通常、半減期後に上昇します。 2012年の最初の半減期から6か月後、価格は12ドルから126ドルに跳ね上がった。 2016年の2回目の半減期の後、7か月以内に654ドルから​​1,000ドルに上昇し、2020年には同じ期間に8,570ドルから18,040ドルに上昇しました。

さらに、デジタル資産調査会社10x Researchの創設者であるマーカス・セレン氏によると、ビットコインは2012年、2016年、2020年の半減期と一致する米国選挙の年にもパフォーマンスを発揮する傾向があるという。

QCPキャピタルは木曜日のメモで、一部のETF流出、特に仮想通貨スポット価格を支えている資産規模で最大のグレイスケール・ビットコインETFからの流出が緩和したと述べた。

「すべてのBTC ETF全体の流入総額は現在プラスとなっている」とQCPは述べた。

LSEGによると、SECが1月にETFの上場を承認したとき、当時既存のビットコインファンドがETFに転換されていたグレイスケールは、初期の投資家が利益確定を急いだため、その後最初の1週間で27億ドルの資金が流出したという。リッパーのデータ。

流出額は翌週には15億ドルに減速し、2月7日までの週には7億100万ドルに減速した。

スコープ・マーケッツのマホニー氏は、最近のドル高が最近仮想通貨の足かせとなっているが、その影響は薄れる可能性が高いと指摘した。

(バンガロールのメダ・シンによる報告、ハリー・ロバートソンとアリソン・ウィリアムズによる編集)

READ  FRB当局者らは利上げ終了をほのめかし、投資家はそれを祝っている