4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ビットコインETFの尾引きがトークンに単月で最悪の連敗をもたらす

ビットコインETFの尾引きがトークンに単月で最悪の連敗をもたらす

(ブルームバーグ) — 最大規模のデジタル資産に対する米国の新規上場投資信託(ETF)に対する誇大宣伝が後退する中、ビットコインは約1カ月ぶりの最悪の連騰を記録した。

ブルームバーグで最も読まれた記事

トークンは利益と損失の間で揺れ動き、シンガポールの月曜午後1時42分の時点で42,655ドルでほとんど変化がなかった。 日曜日まで3日連続で下落し、12月中旬以来最長の連敗となった。 小規模な暗号通貨は混在しており、イーサリアムが 2 位に続き、BNB がトップでした。

投資大手ブラックロック社のものも含め、十数本近くのETFの一括投資が始まった。 とフィデリティ・インベストメンツ、1月11日取引。 ビットコインは発売後一時、2年ぶりの高値となる4万9000ドルを超えたが、その後下落し始めた。

IGオーストラリア社の市場アナリスト、トニー・シカモア氏はメモで、この上昇と急速な下落は、一部の市場ウォッチャーが予想していた「噂で買い、事実で売る」反応の特徴を示していると書いた。 同氏は、ビットコインのチャートパターンからのシグナルに基づいて、3万8000ドルから4万ドルまで下落する可能性があると見ている。

価値の保存手段としてのビットコインの物議を醸す役割の支持者らは、ビットコインの米国初のスポットETFは、暗号通貨への投資家のアクセス増加を予告していると主張している。 懐疑論者は、昨年部分的に市場が回復したにもかかわらず、仮想通貨の普及拡大に慎重になる理由として、2022年の仮想通貨の深刻な崩壊とその後の破産を指摘している。

続きを読む: ビットコインETFが歴史的なデビューでウォール街を征服

ソーシャルメディアサイトへの投稿でこれには、ブラックロックの iシェアーズ ビットコイン トラストへの 5 億ドルと、フィデリティ ワイズ オリジン ビットコイン ファンドへの 4 億 2,200 万ドルが含まれます。

バルチュナス氏によると、260億ドルのグレイスケール・ビットコイン・トラスト(この種のファンドとしては最大)は、先週ETFに転換したことで5億7900万ドルの流出があったという。 同ファンドはこれまでクローズドエンド構造をとっており、昨年は基礎保有株よりも割引価格で取引されていたため、ギャップ縮小に賭ける向きもあった。

ニュースレター「Crypto Is Macro Now」の著者であるノエル・アチソン氏は、割引が終了した今、投機家がその取引で利益を得ていることが、ビットコインの最近の低迷の理由の一部である可能性があると書いている。

「グレイスケール・ビットコイン・トラストからの流出がすべてビットコインに戻る可能性は低い」と彼女は述べた。 「傍観者の資金が変換され、マーケティングマシンが作動するため、来週も新規ファンドへの大幅な流入が続く可能性が高い。これは、投機的ポジションの巻き戻しに伴うさらなる流出によって、短期的には相殺される可能性がある。」

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2024 ブルームバーグ L.P

READ  エクソンの株主闘争は米国商工会議所とビジネス・ラウンドテーブルの支援を受けている