10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ファクトボックス:世界的なインフレは日本の消費者の好みの価格を上げる

東京、10月14日(ロイター)-世界的な消費者物価の上昇は日本の消費者物価を押し上げ、丼がパンとバターを上回ったのは久しぶりである。

以下は、小売価格と卸売価格の最近の上昇の一部のリストです。

農畜産業協会(ALIC)のデータによると、東京の輸入牛肉の小売価格は昨年9月に7.2%上昇し、オーストラリアのチャーロインとブリスケットの価格は8月にそれぞれ13%と35%上昇した。

-冷凍アメリカンショートブレッドビーフ1キログラムの卸売価格は8月に83.4%上昇しましたが、他の種類の冷凍および冷凍ビーフの卸売価格も船上で上昇しました。

-松屋フーズ (9887.T) 先月、2018年4月以降、通常の牛丼の価格が30%の場所で少なくとも18.7%上昇して380円(3.35ドル)になりました。 東京の残りの70%の店舗で、同社は通常の牛丼を「プレミアム」ではなく380円で販売し始めた。

味の素AGF株式会社は、2011年4月以来初めて家庭用コーヒーの価格を10月から20%値上げしました。

UCC上島珈琲は、通常のコーヒー製品の価格を9月から約20%引き上げ、2014年以来初めて値上げしました。

ミルク生産者の明治は、マーガリン9個の価格を10月以来4.3%から12.8%に引き上げました。これは2008年9月以来の最初の値上げです。

-別のミルク生産者、McMilkSnowブランド (2270.T)マーガリンとアボカド10個の価格は、2008年8月以来の最初の上昇である10月以来3.4%上昇して12.2%になりました。

ALICのデータによると、日本の家畜飼料の価格は8月に91.9%上昇し、輸入大麦と小麦は40%上昇しました。

(1ドル= 113.3300円)

ダニエルロイシンによる報告; サムホームズによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  修正された再生可能エネルギー会社は日本の河野太郎首相が勝つことを望んでいる