5月 30, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ファッションと旅行の TikTok インフルエンサー、デビン ハルボールが日本に挑む

ファッションと旅行の TikTok インフルエンサー、デビン ハルボールが日本に挑む

1月、旅行とファッションのインフルエンサー、デビン・ハルボールは日本の岡山県倉敷を訪れることに決めた。 クイーンズ生まれのハルボールさん(26)は、TikTokのユーザー名「ハル・バディ」として活動し、長い自撮り棒と夢を持って4年間ヨーロッパ中を旅し、何十万人もの人々とビデオを共有してきた。 フォロワー。

夫人ハルバルは、次のようなインスピレーションを与えるフレーズを生み出すことで知られています。おもちゃのチェックイン” 仲間のトランスジェンダーの人々への誇り高い名刺として、そして”カラは行動に遭遇しましたなぜなら、そのとき自分が何を着ているかに気づくからです。 彼女の人気は 2022 年に最高潮に達しました。 仕様 Wマガジンとローリングストーン誌によると、 招待されました ロウさんはイビサ島へブランド旅行中です。 しかし、ニューヨークで友人たちと数カ月間世界を旅した後、彼女は最近のインタビューで、「ファッションと肯定」以上のことをしたいと語った。

そんな思いを抱いて彼女はアジアへ旅立った。 ハルパルさんは、人里離れた自然に近い場所、人口50万人未満の小さな町、倉敷を探すのが好きだと語った。 知られている として 日本はジーンズ発祥の地法案に適合します。

彼はさまざまなタイプの旅行ビデオを投稿することを実験していました。 同時に彼女は日本語を勉強していて、どこでも「ください」という言葉を耳にし続けていました。

「頭の中でずっと鳴り続けていました」と彼女は語った。 「私は思いつきの火曜日に座って、こう考えます。 グドサイグドサイ彼女はそうすることに決めました。 ビデオ 彼女は道を歩いているときにこの言葉を使います。「寿司、ください」(寿司をください)と、自撮り棒をいじりながら歌うような声で言います。 「おちゃ、クッサイ」 (お茶をください。)

現在までに、このビデオは 1,350 万回以上再生されています。

「私のすべてのコンテンツの中で、私が 5 つの単語を話している動画が、アジア全土で超超大流行するとは思いもしませんでした」とハルパルさんは語った。

ビデオの成功により、彼女は日本滞在を延長することを決意した。 東京、高松、富士山、山梨などを訪れてビデオを制作した。 食べ物、旅行、日本語。 彼女 友達になりました そして 農場でボランティアをしました。 彼女は路上で認識し始めますが、群がります ファン。 タピオカ ティーを取りに少し行ってから、2 時間のミーティング アンド グリートが続きます。 それからファンは アカウント として、成長し始めた マスコミ報道彼女を「義母」と呼んでいます。

「今、日本では『ください』がトレンドワードになっている」と日本のTikTokerソラリさんはビデオで語った。 発行済み 先月、ハルボールさんは自分のコンテンツがいかに迅速かつ徹底的に広まったかに驚きを表明した。

当初2週間の予定だったハルバルさんの旅は2か月となり、彼女の活動範囲は日本だけでなく他の国にも広がった。

韓国語、タイ語、ヒンディー語、ネパール語、中国語でコメントが届くようになった。 「アジアツアーをやりたい」と彼は言った。 「他文化について学び続け、言語について学び続けるこれより良い方法はないでしょうか?」

ハルパルさんは、自分の成功は、どこへ行っても言語を話し、異文化と関わろうとする努力のおかげだと考えています。 「私は彼らが発音するのと同じように食べ物を発音するように心がけています。アメリカなまりでは発音しません」と彼女は語った。

先月、ハルパルさんは日本を出国し、韓国の釜山へ旅行した。 彼女はさらにこう言います クッサイ、 でも今、彼女は口語表現に韓国語を取り入れ始めています、お願いします。 ジュシオ

現在、彼のフォロワーの大部分が インスタグラムで, ハルバルさんも動画を共有しており、出身地は米国ですが、韓国が僅差で2位となっています。 で 高麗大学での最近の会合 ソウルでは、何百人ものファンが彼女の周りの通りに集まり、一緒に自撮り写真を撮ったり、おすすめの食べ物を教えたり、彼らの言語で話すよう求めたりした。

「人々の食べ物を見せたり、人々の文化を見せたりすることは、ある意味で共同体意識なのです」とハルパルさんは語った。 「あなたはこう言います。私はあなたを尊敬します、私はあなたを尊敬します、私はあなたの食べ物を尊重します。」

彼はアジアツアーを続けており、中国、フィリピン、マレーシアを訪れる予定だ。 韓国か日本への完全移籍も検討していると述べた。

ハルバルさんは「ここではくつろいでいる」と語った。 「人々はとても親切です。 彼らは私を家族のように扱ってくれます。 ですから、たとえ「一人旅」をしたとしても、ここで孤独を感じたことは一度もありませんでした。

韓国ではほとんどいないと彼女は言った。 ファン 彼らは彼女にポップミュージックに参加するよう頼み始めた。

「特に韓国では、私の話し方には一定の韻とリズムがあり、彼らはそれを私に作ってほしいと望んでいるのだと思います」と彼は語った。

彼女は飛躍する準備ができていますか?

「私はK-POPスターの時代を迎えている」とハルパルさんはからかった。

READ  インタビュアー: パネルメンバーは、セキュリティのための持続可能な資金調達を主張しています