1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フィギュアスケート-世界3位の紀平梨花が北京オリンピックを欠場-レポート



ファイル写真:フィギュアスケート-ISUフォーコンチネンタルフィギュアスケート選手権2020-女子フリースケート-ワイキキモクドンアイスリング、ソウル、韓国-2020年2月8日日本の紀平梨花REUTERS /キムの活躍

東京(ロイター)-日本のフィギュアスケート選手、紀平梨花は、足首の負傷のために全国選手権から追い出された後、北京オリンピックから除外された、と地元メディアは火曜日に報じた。

世界第3位の紀平梨花は足首の負傷で今シーズンスケートカナダとNHK杯を欠場することを余儀なくされており、京都ニュースは情報筋によると、この若者は今週埼玉に出場しないと語った。

水曜日に始まる全日本選手権は、来年2月の冬季オリンピックの予選試合となります。 これ以前は、世界選手権のメダルは負傷したスケーターにのみ授与されていました。

2019年に世界4位に終わった紀平梨花は、若すぎて平壌での前回のオリンピックに出場できなかった。

19歳の彼は、ジャンプの難しさで知られる世界最強のスケーターの1人に成長しました。

最高のニュースは、ソチとピョンヤンの冬季オリンピックの男子シングルスでオリンピックの金メダルを獲得した日本の羽生ゆるです。

27歳の彼も右足首の負傷でNHK杯を欠場したが、地元メディアは彼が埼玉の氷に連れて行かれたと報じた。

平壌は、羽生の怪我のためにオリンピック前に全国選手権に出場できなかったが、現在の世界チャンピオンに選ばれ、日本チームに選ばれた。

(Nick Mulvennyによる報告、Peter Rutherfordによる編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
オリンピック
アジア

READ  フットボール-アメリカンフットボールチームはオーストラリアの親善試合に新しい顔をもたらします