10月 25, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フィギュアスケート-翔馬がジャパンオープンのスタートを勝ち取った



ファイル写真:フィギュアスケートのISUグランプリ-2019ロシア杯-メンズショートプログラム-メガスポルトスポーツパレス、モスクワ、ロシア-2019年11月15日日本の宇野昌磨ロイター/マキシムシェメトフ/ファイル写真

(ロイター)-オリンピック銀メダリストの宇野昌磨が、ジャパンオープンで男子フリースケーティング決勝に勝つために震え始めた。

平壌2018オリンピックで銀メダルを獲得した翔馬は、最初のクアッドの試みで落ちましたが、土曜日の179.32で佐藤靴を追い越して、他の3つのクアッドジャンプで181.21ポイントを獲得しました。

毎年恒例の国際フィギュアスケートチーム大会であるジャパンオープンは、通常、日本、ヨーロッパ、北米のチームが参加します。

ホームスケーターは2つのチームに分かれ、フリースケートのみを行いました。ショマが男子決勝に勝ち、ワガバ樋口が女子決勝に勝ち、チームブルーがレッズに勝ちました。

2018年オリンピックの金メダリストである羽生ゆると世界銀メダリストである鍵山優真は、ジャパンオープンの男子イベントに出場しませんでした。

北京オリンピックは来年2月4日に始まり、中国本土からの観客のみがこのイベントに参加できます。

(バンガロールのマナシコースレポート;マイケルペリーによる編集)

(C)Copyright Thomson Reuters2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
オリンピック
アジア
東アジア
ヨーロッパ

READ  日本の造船針がゼロエミッション船に戻ってきた