4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フィリピンの米国代表団、日本の賃金交渉、フォックスコンの収益

フィリピンの米国代表団、日本の賃金交渉、フォックスコンの収益

アジアの一週間へようこそ。

ジーナ・ライモンド商務長官率いる大統領貿易投資使節団の米国代表団は月曜日と火曜日にフィリピンを訪問する。

日本企業と労働組合との年次賃金交渉は水曜日に終了する。 日本最大の労働総同盟は、加盟組合の賃上げ要求が過去31年間で最も高く、大幅な賃上げの準備が整い、中央銀行が利上げを開始するきっかけになったと述べた。

Twitter の X をフォローして、アジアなどの最高の報道を入手してください。 @日経アジア

月曜日

中国、全国人民代表大会を閉会

中国の毎年恒例の立法シーズンが終わりを迎え、全人代の代表者がいくつかの政府活動計画案と2024年の国家予算案に投票する。 国務院の基本法改正案も全人代で可決される見通しだ。 この法案は中央政府に対する与党共産党の指導力を強化するために提出された。 通常全人代後に予定され、国務院長官として首相が行う記者会見は今年は行われず、数十年にわたる伝統が打ち破られる。

GDP:日本(改訂版)

火曜日

米国のハイレベル通商代表団がフィリピンを訪問

今後のフィリピンへの貿易・投資使節団は、ジョー・バイデン米大統領政権が地域同盟国との経済関係の強化に焦点を当てていることを浮き彫りにする。 主要貿易相手国である中国との関係が海洋紛争で緊張しているため、フィリピン経済は逆風に直面している。 このハイレベルグループは、エネルギー、重要な鉱物、インフラなどのさまざまな分野で米国のフィリピンへの投資を促進し、相互に有益な経済成長を促進することを目的としている。 今回の訪問は、フィリピンが地域のサプライチェーンハブとしての地位を固めようとしている重要な岐路にある。

IAEAのクロッチ氏が来日

国際原子力機関のラファエル・クローチェ長官が火曜日から木曜日まで来日する。 7月の前回訪問時に、同氏は、被災した福島第一原子力発電所からの処理水の太平洋への放出にゴーサインを示す国連機関の報告書を日本政府に手渡した。 8月の開水から半年後、局長は工場の状況を精査し、地元住民や政府関係者らと意見交換する予定。

水曜日

日本企業が賃金交渉を打ち切る

日本の大手複合企業であるトヨタ自動車とパナソニックは、4月から始まる来年度の賃金を決定する予定だ。 労働組合は31年ぶりの高水準となる平均5.85%の賃上げを要求している。 賃金上昇率が大きければ、中央銀行が金利引き上げを促す可能性がある。

収益: キャセイパシフィック航空

木曜日

収益: フォックスコン

金曜日

中国の消費者権利デー

中国は世界消費者権利デーを国営放送CCTVの毎年恒例の生放送番組「315ガラ」で祝う予定だ。 消費者からの苦情に基づいて、隠しカメラを使った潜入記者が製品やサービスの欠陥を調査するという典型的な形式に従っている。 過去には、フォード・モーターや無印良品などの外国ブランドが名を挙げられ、恥をかかされ、企業幹部がダメージコントロールモードに陥ったことがある。

収益: CATL

中国データ: 住宅

READ  BGG が ApplePhenon 成分の日本での「お腹の脂肪」の権利を取得