11月 30, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フェイスリフトされたホンダ フィットが日本でデビュー


ホンダは、軽度の視覚的変更、新しいトリムシステム、およびガソリンおよび e:HEV ハイブリッドバリアントの出力向上を備えた最新のフィットレンジを日本で発売しました。 Honda Fit e:HEV RSは、ラインナップに新たに追加されたもので、よりアグレッシブな外観とよりスポーティなサスペンションのセットアップが付属しています。

より広い範囲、トリム間のより視覚的な差別化、新しい RS モデル

第四世代 ホンダ フィット/ジャズ レギュラー、2019年導入 クロススターの衣装. フェイスリフトされたモデルは日本でプレビューされました 最後の8月 ベース、ホーム、ラックス、クラスター、RSトリムなど幅広いラインナップを揃え、今年10月に発売する。

続きを読む: ホンダ ジャズ クロスター e:HEV は、クロスオーバー MPV 服のスーパーミニです。

より具体的には、ベーシックとホームのトリムは、フロントエンドのバンパーインテークの統一された外観とグリルのすっきりとした形状に焦点を当て、フェイスリフト前のフィットとの小さな違いを導入しています。 ラックスは、インテーク、サイドシル、ミラー キャップに、よりスタイリッシュなアロイ ホイールとクローム エレメントを追加することで、よりプレミアムに見えます。 の アドベンチャークロススター ロアバンパートリムとサイドシルの新しいアルミニウムスタイルの外観と、クロスオーバースタンスを強化するグリルの新しい形状を取得します。

最後になりましたが、新しい RSトリム よりアグレッシブなボディキットのおかげで、非常にスポーティに見えます。 これらには、大きなグリル、シャープなインテークを備えたダーク仕上げのフロント エプロン、5 本スポークのアロイ ホイール、サイドシル エクステンション、リア スポイラー、クローム テールパイプを備えたスポーティなリア エプロン、両端の赤い RS バッジが含まれます。 オレンジのステッチが入った本革巻ステアリングホイール、回生ブレーキを制御する「減速セレクター」パドル、ノーマル/スポーツ/エコ設定を簡単に切り替えられる新しいドライブモードセレクターを備えています。 さらに重要なのは、ハンドリングを改善するための RS 固有のサスペンション設定です。 スパイシーな見た目.

フィットは 13 種類の色合いで利用できますが、一部は Crastar のデュオトーン処理のようにトリム固有のものもあります。 同様に、7 インチのデジタル インストルメント クラスターと 9 インチのインフォテインメント タッチスクリーンは、ベースリフト前のモデルから引き継がれていますが、フェイスリフトされたモデルの各バリエーションには、張り地と色の組み合わせに関して独自のインテリアのタッチがあります。 Honda Sensing ADAS suite が標準装備され、ブラインド スポット インフォメーション、リバース アシスト、トラフィック ジャム アシスト、急加速制御がアップグレードされています。

e:HEVのパワーアップ、ICEモデルの新エンジン

ホンダは、Fit / Jazz の e:HEV 2 モーター ハイブリッド システムをアップグレードし、パワーを 121 hp (90 kW / 123 PS) および 253 Nm (187 lb-ft) のトルクに高め、スロットル応答を改善しました。 先代モデルよりも 13 馬力 (10 kW / 14 PS) 強力です。

ようではない EU仕様ジャズ JDM仕様のフィット燃焼エンジンを提供するe:HEV形式でのみ入手可能です。 フェイスリフトでは、ハイブリッドの古い 1.3 リッター エンジンをより強力な 1.5 リッター DOHC i-VTEC に置き換えます。 したがって、フィットは現在、非常に立派な 116 hp (87 kW / 118 PS) と 142 Nm (104.7 lb-ft) のトルクを非電化形式で生成します。

ホンダは、11 月 10 日に発表されたフィット RS の ICE 搭載のバリエーションがあると述べました。 パワートレインの選択に関係なく、ホンダは提供を停止しました マニュアルギアボックスオプション 第 4 世代が発表されて以来、Fit は自動のみでした。 興味深いことに、Fit の e:HEV とガソリンの両方のバリエーションは、FWD と 4WD の形式で利用でき、後者はもう 1 つの日本市場専用です。

フェイスリフトされたホンダ フィットの日本での価格は、ガソリン駆動の FWD 形式のエントリーレベルの Basic で 1,592,800 円 (11,011 ドル) から始まり、フラッグシップの Luxe では 2,664,200 円 (18,417 ドル) になります。 4WD形式。 新しいホンダ フィット RS は現在、e:HEV FWD 仕様のみで、価格は 2,346,300 円 (16,220 ドル) です。

その他の写真…

READ  日本への新しいポケモンのフライトはWolfixによってカバーされます