4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フェルスタッペンは日本で復帰する予定だが、フェラーリの脅威

鈴鹿(AFP)-オーストラリアGPで完走できなかったマックス・フェルスタッペンが今週末の日本GPの優勝候補となっているが、フェラーリはあらゆる失策を利用する態勢を整えている。

トリプルワールドチャンピオンのフェルスタッペンは、メルボルンでのブレーキトラブルによりレッドブルから煙が立ち込め、2年ぶりにレースから引退した。

カルロス・サインツがチェッカーフラッグを受け、チームメイトのシャルル・ルクレールが続き、2週間前にフェラーリがワンツーフィニッシュを果たした。

フェルスタッペンは例年通り圧倒的な調子でシーズンをスタートし、バーレーンとサウジアラビアでフェラーリに次ぐ勝利を収めた。

オーストラリアでは形勢が逆転したが、オランダ人選手は過去2年間日本で優勝しており、鈴鹿は彼のお気に入りのサーキットの一つだ。

日曜日のレースでは雨が予報されているが、劇的なカーブと劇的な標高の変化により、フェルスタッペンはレッドブルの猛烈なペースを活用することができる。

レッドブル・レーシングのオランダ人ドライバー、マックス・フェルスタッペン。 写真:AFP

「いつかこのような日が来ることは分かっていた」とフェルスタッペンは時期尚早のメルボルン退団について語った。

「だから我々は9戦連続(勝利)という素晴らしい成績を収めたことを誇りに思う必要があり、力強く鈴鹿に戻ってくることができる」

オーストラリアでのフェルスタッペンの問題はレッドブルにとって波乱のスタートとなったが、そのグランプリ勝利はチームの不和とクリスチャン・ホーナー監督に対する疑惑によって影を落としている。

フェルスタッペンは全制覇チームとの契約を最後まで見届けたいとオーストラリアで述べたが、鈴鹿では落ち着いて過ごすことを望んでいる。

彼は、2022年に2度目のワールドタイトルを獲得し、昨年レッドブルのコンストラクターズ王座獲得に貢献した「オールドスクール」サーキットへの愛を度々語っている。

フェルスタッペンは昨年2位のランド・ノリスを20秒近く引き離してゴールした。

今年のレースは、従来のシーズン終盤の枠からカレンダー上で前倒しされた。 メルボルンでサイネスが勝てば、現世界チャンピオンは今度は深刻な挑戦に直面することになる。

来シーズン、ルイス・ハミルトンの後任としてフェラーリに移籍するスペイン人選手は、虫垂炎の手術により前戦サウジアラビアでの欠場を余儀なくされ、復帰するところだ。 彼は、3レースを終えてドライバーズランキングでフェルスタッペンからわずか4ポイント差に迫ったチームメイトのルクレールより2.3秒早くゴールした。

フェルスタッペンから11ポイント差の4位サインツは「チームはこのワンツーに値した。週末は素晴らしい仕事をした」と語った。

「私たちは完璧なレースを実行し、戦略を立てました。メカニックは素晴らしく、毎回正確かつ迅速なピットストップを実現しました。」

READ  日本は2月末まで厳格な国境管理を維持することが期待されています