10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フェルナンデスは日本での雨と雨の金曜日にサンドラを脇に置く

KTM アジョ vs ホンダ チーム アジア モデギでの FP1

Moto2™ 世界選手権のリーダーであるアウグスト フェルナンデスは、FP1 でファステストラップを記録し、Motul グランプリ イン ジャパンの週末を確保しました。 モビリティ リゾートもてぎで小雨が降る中、フェルナンデスは 1:50.493 を記録し、ソムキアット チャンドラを 0.084 秒上回りました。 Red Bull KTM Ajo と Idemitsu Honda Team Asia はそれぞれ 1 位と 2 位でフィニッシュし、Pedro Acosta と大倉愛のフォームは 3 位と 4 位でした。 .

多くの人がトップの座を争っている

金曜日のみのもてぎでの 40 分間のセッションの開始時間で、雨が開始時間に降る前に、日本人ライダーの秦太華 (ペルタミナ マンダリカ SAG チーム) が 1:55.505 の速さを記録しました。 しかし、天候に問題はなく、ラップタイムは急速に落ち始め、多くのライダーがタイミングモニターのトップに並びました。 小倉は最初に 1 分 51 秒台を破り、ある時点で彼とフェルナンデスは同じ 1 分 51 秒 296 のファステストラップを記録しました。

テーマを続けると、フェルナンデスは 1:50 秒台で 8 分以内に 1 位でフィニッシュしましたが、彼の 1:50.610 はトラック リミットを超えたために失格となったため、そのような栄誉は正式にオークラに与えられました。 :50.885. 小倉のチームメイトであるチャンドラが 1:50.577 を記録した後、フェルナンデスはセッションのファステストラップである 1:50.493 を記録しました。 以上が上位 2 着で、アコスタは 1 分 50 秒 783 のタイムで 3 位になりました。 Philippe Salac (Grassini Racing Moto2™) も 1:50.967 でチームに加わりましたが、大雨により再びペースが落ちました。

現在第 2 四半期には他に誰がいますか?

トニー アルボリーノ (エルフ マーク VDS レーシング チーム) は、アロンソ ロペス (CAG Speed Up)、アルバート アレナス (Shimoku Cascades Aspar Team)、ジョージに先んじて 1:51.014 で 6 位でフィニッシュする前に、速いラップを保持することに時間を費やした別の選手でした。 Navarro (Flexbox HP40)、および Jake Dixon (Shimoku GASGAS Aspar Team)。 Fermin Aldeguer (CAG Speed Up)、Zonta van den Goorbergh (RW Racing GP)、Joe Roberts (Italtrans Racing Team)、Bo Bendsneyder (Pertamina Mandalika SAG Team) も暫定 Q2 カットオフを行った。

トップ 14 の外では、アーロン ガネット (Flexbox HP40) がベンシュナイダーより 0.137 秒遅い 15 位、元ワールド チャンピオンシップ リーダーのセレスティーノ ビエッティ (ムーニー VR46 レーシング チーム) が 1:52.573 で 21 位、土曜日に雨が降るかどうか神経質に待っています。朝。 Sam Lowes (Elf Mark VDS Racing Team) は、怪我から復帰して 1 分 53 秒 122 で 26 番手でした。

カネとビエッティは、FP2 が Q2 に入る最後のチャンスであるため、雨が降らないことを望んでいます。 そのセッションが土曜日の 09:55 (GMT +9) に開始されるとどうなるかを調べてください!

金曜日の Moto2™ トップ 10:

1. アウグスト・フェルナンデス (Red Bull KTM Ajo) – 1:50.493
2. ソムキアット・チャンドラ (出光ホンダチームアジア) + 0.084
3. ペドロ アコスタ (レッドブル KTM アジョ) + 0.290
4. 小椋 伊光(Idemitsu Honda Team Asia) + 0.392
5.フィリップシャラック(グラッシーニレーシングMoto2)+ 0.474
6. トニー・アルボリーノ (エルフ マーク VDS レーシング チーム) + 0.521
7. アロンソ・ロペス (CAGスピードアップ) + 0.677
8. Albert Arenas (Shimoku Kaskas Asper Team) + 0.798
9. ホルヘ・ナバロ (フレックスボックス HP40) + 0.823
10. ジェイク・ディクソン (シモク・カスカス・アスパーチーム) + 0.955

READ  石油が100ドルに近づくにつれ、インドと日本はOPECが米国と協力することを推進しています
VideoPass を使用すると、すべてのエピソードを毎秒見ることができます ライブおよびオンデマンド