6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フランチェスカ・スコセッシ監督の『水から出た魚』は「登場するのが恐ろしい」と批判 – 締め切り

フランチェスカ・スコセッシ監督の『水から出た魚』は「登場するのが恐ろしい」と批判 – 締め切り

フランチェスカ・スコセッシにとって、カンヌの世界はまったく新しいものではないことは想像できますが、彼女にとって非常に新しいのは、今年自分の映画を持ってカンヌ映画祭に参加することです。

彼はカンヌにあるデッドラインのスタジオに立ち寄り、彼女について短い話をした。 水から出た魚そしてスコセッシ監督は、子供時代のフェスティバルの思い出を思い出させた。

「私がカーペットを覚えているのは若い頃だけで、みんなを見ていたのを覚えています。10歳か、もう少し若かったからです」と彼女は語った。

水から出た魚 別居していた父親と病状が悪化する母親と再会する娘の物語に続き、スコセッシ監督はニューヨーク大学の卒業論文のコンセプトをほのめかした。 映画の中の父と娘の関係は実生活とは何の関係もないが、母親の経験と一致する側面があると彼女は言う。

「それは主に、家族の世話だけでなく、病気や本当に困難な時期を通しての家族の絆の物語を伝えたかったからだと思います。なぜなら、それは私が人生のほとんどを母と一緒にやってきたことだからです。パーキンソン病。つまり、それが私なりの思い出との付き合い方だったのです。」

彼女は、父親のマーティン・スコセッシが監督の夢とこの映画を大いにサポートしてくれたと語った。 「私はそれを父に見せました。父はそれを友達に送りました。アリ・アスターも見たはずです。私は『なんてことだ』と思いました。」

しかし、母親役の病気の描写があったため、母親にこの映画を見せるのはとても緊張したという。 「母にあらゆる人々の姿を見せるのはとても恐ろしかった」と彼女は語った。 「彼女はいつも『ああ、会いたい』と言うのです。」 そして私はこう言いました、「まあ、でもあなたは本当に幸せではないかもしれません。」 「その部屋に座って、部屋にいてください。あなたは彼女と一緒にそこにいなければなりません、ただ彼女の手を握ってください。そして私は言いました、「あなたはそうするでしょう」そうだよ、本当にそうだよ』

クリックしてインタビューをご覧ください。

2023年のカンヌ国際映画祭は5月16日から27日まで開催される。 Deadline によるクロワゼットの取引とビジネスに関する全記事は、こちらからご覧ください。

READ  コビッドは「怖い」そして彼女を「疲れ果てた」ままにした