11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ブリンケン外相は、米国は日本を保護することを約束していると述べた

東京、11月13日(ロイター)-日本の新外相林芳正は土曜日の電話で、アンソニー・ブリンカン米国務長官が、中国は、揺るがないでしょう。

日本と中国との関係は、東シナ海と中国のディオユと呼ばれる島々のグループの下での日本の政権下の日本の戦国地域での地域紛争と、日本の過去の軍事占領の遺産の影響を受けています。

「尖閣諸島の日米安全保障協定第5条の使用を含む、日本を保護するという米国のコミットメントは揺るぎないものである」と林氏は記者団に語った。

条約第5条は、各締約国が、平和と安全に対する脅威である日本政権下の地域における武力侵略を認識し、一般的な脅威に直面して行動すると述べている。

林氏は、ブリンゲン氏と台湾海峡の平和と安定が重要であるという見解を共有したと述べた。

台湾は、中国の空軍が北京が自治島と主張する自治島の近くで一年かそこらの一連の任務を遂行していると不平を言って、海を越えた緊張がここ数ヶ月で高まっている。

林首相とブリンゲン首相は​​、東シナ海と南シナ海の状況を変える中国の一方的な努力に激しく反対し、外務省は、中国に関連する問題への対応において両国の緊密な協力を受け入れたと書面で述べた。

竹中清による報告; 編集:ウィリアム・マラード

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  滑走路のカメが日本でいくつかの便を止めます