4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ブリンケン氏、アラブ当局者らと会談し、ガザ危機の「恒久的な終結」を呼びかける。 イスラエルによるガザ戦争のニュース

ブリンケン氏、アラブ当局者らと会談し、ガザ危機の「恒久的な終結」を呼びかける。 イスラエルによるガザ戦争のニュース

米国務長官は最近の中東歴訪でエジプト大統領およびサウジ皇太子と会談した。

米国務省によると、アントニー・ブリンケン米国務長官はサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子、エジプトのアブデルファッタハ・シシ大統領と会談し、ガザ戦争の停戦と二国家解決への支持の呼びかけを再確認した。 彼は言った。

過去2日間に行われた会談は、ブリンケン氏の開戦以来6回目となる中東訪問の一環である。

国務省は声明で、ブリンケン氏がジッダでサウジ皇太子と会談した際、ガザで「人道的ニーズに緊急に応えることの重要性を強調した」と発表した。

さらに、「ブリンケン長官は、ガザ危機の恒久的終結を達成し、イスラエルの安全が保証された将来のパレスチナ国家を樹立するという米国のコミットメントを再確認した」と付け加えた。

ブリンケン氏はまたカイロを訪問し、シシ氏を含むエジプト高官らと会談した。

国務省は「ブリンケン長官とシシ大統領は少なくとも6週間の即時停戦と人質全員の解放を確保するための交渉について協議した」と発表した。

ブリンケン氏は木曜日後半のエジプトのサメ・シュクリ氏との共同記者会見で、戦後ガザに対する米国のビジョンを説明した。

ガザをテロの拠点として利用することはできません。 その人口を移動させることはできません。 「イスラエルによる再占領はあり得ない」と米国のトップ外交官は記者団に語った。

カイロで地域各地のアラブ外交官とも会談した米国務長官は、米国政府が自国の兵器によって引き起こされたガザの人道危機への対応を進める中、バイデン政権の「矛盾した」立場について質問された。 イスラエル軍へ転属。

ブリンケン氏は、「我々はイスラエルが自国を守る権利を守り、自国を守るために必要なものを確実に備え、10月7日の出来事が二度と起こらないようにすることに全力で取り組んでいる」と語った。 「私たちはまた、傷を負っている人々を助けるためにできる限りのことを行うことに取り組んでいます。」

国連の専門家らは、イスラエルによる封鎖の結果、ガザ地区で飢餓が差し迫っていると警告した。

バイデン氏は今月初めの主要演説で、ガザへの人道支援を「交渉材料」として利用しないようイスラエルに警告した。

ホワイトハウスは月曜日、イスラエルに対し、避難以来100万人以上のパレスチナ人が避難している人口密集地のラファへ大規模な地上攻撃をしないようイスラエルに警告した。

ブリンケン氏は木曜日にもこの警告を繰り返し、ラファへの侵攻は「間違い」になると述べた。

ハマスがイスラエル南部への攻撃を開始し、1,139人が死亡、200人以上が捕虜になった後、イスラエル軍は10月7日以来、ガザで約3万2,000人のパレスチナ人を殺害した。

パレスチナ人の死者数が多く、ガザ地区の大部分が破壊されているにもかかわらず、バイデン政権はイスラエルに対する財政的・外交的支援を続けている。 ホワイトハウスは米国の同盟国に対する140億ドル以上の追加援助を確保するために議会と協力している。

米国政府はまた、停戦を求める国連安全保障理事会の3つの提案に対して拒否権を発動した。

バイデン政権は戦争終結を求める代わりに、10月7日にイスラエルから捕虜を釈放し、ガザへ人道支援物資を届けることを可能にするため、敵対行為の一時停止を確保するよう努めた。

米国の首席外交官は休戦協定をまとめるために何度かこの地域を訪れた。 同氏は木曜日、合意獲得に向けた溝は狭まりつつあるものの、交渉には依然として「現実的な課題」が存在すると述べた。

ブリンケン氏はイスラエルで歴訪を終える予定だ。 バイデン氏の民主党関係者がイスラエルのネタニヤフ首相への批判を強めて以来、同氏の訪問は初めてとなる。

先週、チャック・シューマー上院多数党院内総務は、ネタニヤフ首相の後任としてイスラエルで新たな選挙を実施するよう求めた。イスラエル首相は「まったく不適切」とコメントした。

しかし、バイデン政権は親イスラエル政策を継続する意向を示している。

国務省は、ブリンケン氏とサウジのムハンマド皇太子が会談で「地域諸国間のさらなる統合」について話し合ったと発表した。

バイデン政権は、イスラエルとアラブ諸国の間の正式な外交関係の確立を指すために「統合」という言葉を使用しており、このプロセスは一般に「正常化」として知られている。 しかし、サウジアラビアとイスラエルの間に公式関係を確立しようとする米国の取り組みは、ガザ紛争によって複雑化した。

先月、ホワイトハウスがガザ戦争にもかかわらずサウジアラビアとイスラエル間の正常化交渉は継続していると示唆した後、サウジは強い言葉遣いの声明でこの説明を否定した。

「サウジは、1967年の国境で東エルサレムを首都として独立パレスチナ国家が承認され、ガザ地区へのイスラエルの侵略が停止しない限り、イスラエルとは外交関係を持たないという確固たる立場をアメリカ政府に伝えた」 」 サウジ外務省は当時、すべてのイスラエル占領軍がガザ地区から撤退していると発表した。

ネタニヤフ首相はパレスチナ国家樹立への反対を繰り返し表明し、イスラエルがパレスチナ領土の安全管理を維持する必要があると強調した。

READ  妻と息子の目の前で射殺された当主は、実はインターポールに指名手配されていた殺し屋だった