6月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ブルージェイズ、最近の反LGBTQ+発言を受けてアンソニー・バス投手を解雇

ブルージェイズ、最近の反LGBTQ+発言を受けてアンソニー・バス投手を解雇

トロント・ブルージェイズは、右利きの関係者がLGBT+のソーシャルメディアへの投稿が憎悪に満ちたものだとは思わないと述べた翌日の金曜日、アンソニー・バス投手を解雇した。

トロント — トロント・ブルージェイズは金曜日、アンソニー・バス投手を解雇した。右利きの関係者が先月行った反LGBTQ+ソーシャルメディアへの投稿は非難に値するとは思わないと述べた翌日のことだ。

チームは現在、バスをトレードするか権利放棄するまでに7日間の猶予が与えられている。

この動きは、ブルージェイズが4回目となる毎年恒例のプライド・ウィークエンド・セレブレーションを開始する金曜日のミネソタ戦に先立って、バスがトロントのLGBTQ+活動家レスリー・リー・カムによる初のお祭りパフォーマンスを視聴する予定だった数時間前に行われた。

ブルージェイズは、バスの代わりにケビン・ガスマン投手が初球を捕球すると発表した。

バスは、LGBTQ+コミュニティへの支援を理由にターゲットとバド・ライトのボイコットを求める投稿を自身のインスタグラムにシェアした翌日、5月30日のミルウォーキーとの試合前に謝罪した。 両社は、敵対的で同性愛嫌悪的な批判や、LGBTQ+活動家からの圧力に屈しないよう求める呼びかけなど、こうしたキャンペーンの余波に対処している。

謝罪以来ホーム2試合でトロントのファンからブーイングを受けているバスは、木曜日のヒューストン戦勝利を前にメディアのグループに語り、自分の「個人的な信念」を支持すると述べた。

また、活動家団体プライド・トロントの事務局長と面会するなど、自己啓発に「懸命に取り組んでいる」とも語った。

金曜日の試合前、ブルージェイズのゼネラルマネージャー、ロス・アトキンスは、バスの解雇決定は投手のフィールド外の状態ではなく、主にパフォーマンスによって動機付けられたと述べた。

アトキンス氏は、「変数は数え切れないほどある。通常はパフォーマンスが原動力であり、パフォーマンスはその決定の大きな側面だった。気を散らすことはその一部であり、我々はそれを念頭に置く必要があった」と述べた。

アトキンス氏は、バスがもっと良い成績を収めたとしてもチームに残るかどうかについては明言を避けた。

「私たちは可能な限り最高のチームを構築しようと努めています」とアトキンス氏は語った。 「チームをより良くするための野球上の決断だった。」

アトキンス氏はまた、トロントのマイナーリーグシステムにおいてドレスアップすることは「現実的な選択肢」ではないと述べた。

「私たちは彼が別の組織に所属することを邪魔するつもりはありません」とアトキンス氏は語った。

35歳のバスは、日本でもプレーした12年目のベテランだ。 22試合に出場して0勝0敗、防御率4.95だった。

トロントはバスの代わりにミッチ・ホワイト右(右肘)を60日間の負傷者リストから出場させた。

___

AP MLB: https://apnews.com/hub/mlb および https://twitter.com/AP_Sports

READ  USWNTワールドカップリスト、オリンピック予選がリリースされました