7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ペルー、マチュピチュでデモ参加者に降伏、民間会社とのチケット販売契約を解除

ペルー、マチュピチュでデモ参加者に降伏、民間会社とのチケット販売契約を解除

リマ、ペルー(AP通信)-ペルー政府は水曜日、入場券の販売を外部委託する計画を撤回した。 マチュピチュ ある民間企業にとっては、抗議活動参加者が国内で最も人気のある観光名所へのアクセスを遮断し、その地域への鉄道運行を停止してから1週間後だった。

この決定にもかかわらず、現場周辺の通り、ホテル、レストランはほとんど閑散としたままだった。

政府が15年間州機関の管理下にあった発券システムの変更を発表してから11日後、当局は折れて契約を終了したが、地元の観光業界はこれに疑問を抱いていた。

ペルーのレスリー・オルテガ文化大臣は、州当局から報告されていなかった不正行為とチケットの180万ドルの損失を主張したが、クスコの地域大統領およびマチュピチュ地域の市長と会談した後、最終的にデモ参加者の要請に同意した。

当局はチケット販売を中央政府が運営するオンラインプラットフォームに移行することを約束し、1月中旬にサービスを引き継いだペルーで最も裕福な経済団体の1つが所有する仮想チケット販売会社ジョイナスとの契約を解除した。

金曜日に停止されていたこの地域への鉄道サービスは直ちに再開されたが、観光客の到着は依然として大幅に遅かった。

マチュピチュにあるインカス・ランド・ホテルの従業員、ロジャー・モンソン氏は「今は新型コロナウイルス感染症の時期のようだ。現在ポルトガルからの観光客のみが宿泊している18室の建物」と語った。

1週間にわたるデモの間、インカ遺跡を訪問し続けた少数の観光客は、そのほとんどが若者だったが、より長く困難な道を歩まなければならなかった。 彼らはクスコから水力発電所まで210キロメートル(130マイル)をドライブし、そこで2時間歩いて休憩するマチュピチュ地域に到着する予定だ。 それから彼らは石の城までさらに2時間半歩かなければなりませんでした。

米国、ドイツ、フランス、ブラジルの4カ国は、交通機関の混乱により水やその他の必需品が不足する可能性があるとして、1983年から世界遺産に登録されているマチュピチュを訪問する予定がある場合は注意するよう国民に勧告した。

クスコの主な経済活動は観光であり、20万人以上がこの分野で直接雇用されています。 抗議活動が起こる前の時代には、毎日最大 4,500 人の訪問者がマチュピチュに入りました。

抗議活動の最初の週の潜在的な損失に関する公式の数字はないが、一部の観光組合は被害額を約470万ドルと見積もっている。

「損失には、観光代理店、ホテル、レストラン、ツアーガイドなど観光に直接関係するすべての部門だけでなく、市場、タクシー運転手、農民コミュニティも含まれます」とクスコ観光代理店協会のエレナ・ゴンザレス会長は述べた。

___

AP のラテンアメリカとカリブ海地域の報道をフォローしてください。 https://apnews.com/hub/latin-america

READ  ブリティッシュ・エアウェイズのパイロットが試験飛行を偽造した後に投獄された