8月 20, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ホームカミング、ホリデー旅客群衆南西日本空港、2年ぶりの列車

乗客は2021年12月25日に福岡空港で荷物を持って見られます。 (毎日/平川義之)

福岡-日本のホリデーシーズンは12月25日に始まり、人々は年末年始の旅行のために故郷に戻ります。

コロナウイルスの蔓延を防ぐために旅行を避けた人が多く、2020年にはほとんど空っぽだった福岡空港では、家族が荷物を抱えており、久しぶりに親戚と再会することに喜びを感じていた。 いつ。

しかし、コロナウイルスのオミグロン変異体の社会的感染は日本の多くの地域で検出されており、第6波ウイルスの発生の恐れが高まっています。

東京の羽田空港から飛来した39歳のサラリーマンは、福岡県大野城市の実家で家族3人を訪ねていたと語った。

「これは2年半ぶりの帰国です」と彼は付け加えた。 彼は続けて、「私はできるだけ他の人とコミュニケーションを取り、両親の代わりに家族と一緒に時間を過ごすように努めます」と続けました。

空港運営者の福岡国際空港によると、12月25日から1月4日までの福岡国際空港への国内線の到着数は約24万6000で、昨年の年末年始の約1.4倍だった。 。 今シーズンの同時期の出発数は約228,000で、約1.5倍です。

一方、九州旅客鉄道株式会社。 (JR九州)によると、12月28日から1月5日までの九州新幹線の予約数は昨シーズンの2.3倍。

日本でコロナウイルスが最初に発生する前の2019年のホリデーシーズンと比較すると、空港の国内線旅客数は感染前のレベルの80%強に戻っていますが、新幹線では60%を超えています。ライン。

福岡空港に到着し、12月29日に九州新泉サービスを出発する人のために多数の予約があり、1月3日に空港出発と新参サービスが到着します。

(日本オリジナル佐藤六平、九州プレス)

READ  日米両国はオープンインターネットを受け入れる