6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ボーイングは、宇宙船内の漏れは全く問題なく、修理せずに宇宙飛行士を打ち上げると発表

ボーイングは、宇宙船内の漏れは全く問題なく、修理せずに宇宙飛行士を打ち上げると発表

じゃあオーケー。

ゆっくりとした漏れ

ボーイング社のスターライナー宇宙カプセルは終わりのない挫折に見舞われてきた。 宇宙飛行士を国際宇宙ステーションに輸送する宇宙船の準備が整うのを待っている哀れなNASAに聞いてみてください。 2014年以降

最新の打撃は、今月初めに発見された少量のヘリウム漏れで、待望の初の有人ミッションの打ち上げが再び延期された。

しかし、この問題は大きな問題ではないようです。 ボーイングとNASAは金曜の記者会見で、漏洩問題を修正せずに打ち上げを強行すると発表したが、同社はすでに航空機の安全性をめぐる論争に巻き込まれているため、この決定は眉をひそめるのは必至だ。

NASAの商業乗組員プログラムのディレクター、スティーブ・スティッチ氏は会議で、「漏洩率が最大100倍に増加した場合、この特定の漏洩に対処できる」と述べた。 から引用したように、 フランス通信社言い換えれば、たとえ漏れがさらに悪化したとしても、打ち上げの安全性への影響は最小限に抑えられるでしょう。

ダブル・トラブル

5月6日に行われたスターライナーの最後の打ち上げは、すでに宇宙飛行士が搭乗していたために非公式に中止された。 奇妙な「ブーン」という音を通じて、当局はユナイテッド・ローンチ・アライアンスのアトラスVロケットの酸素バルブに欠陥があることを発見した。

これは必ずしもボーイングのせいではありませんでした。 しかし、打ち上げの失敗後、スターライナー自体に欠陥が見つかりました。シールの欠陥による宇宙船のサービスモジュールでのヘリウム漏れです。 問題は無関係であるようで、スティッチ氏は、リークはスターライナーの28個の姿勢制御エンジンのうちの1個にのみ影響を与えると述べた。 フランス通信社

スティッチ氏は、液漏れがある状態での飛行は思っているほど悪くない、と付け加え、NASAが宇宙飛行士を宇宙に輸送するために推奨しているスペースX社のドラゴン・カプセルなど、過去にも液漏れによって打ち上げが成功したことはないと主張した。 国際宇宙ステーション。

悪いフォーム

しかし、これは観察者に不安を与えるのは必至の決定だ。 ボーイングのマーク・ナッピ副社長は、欠陥のあるシールを交換するプロセスは「非常に複雑」になるだろうと述べた。 フランス通信社なぜなら、スターライナーは工場で分解して再度テストする必要があるからです。

標準的な慣行が何であれ、この推論は結局、ボーイング社のケチなコスト削減のように聞こえることになる。その結果、同社の航空機に重大な欠陥が生じたとされており、それらの欠陥は驚くべきペースで故障しているようだ。

打ち上げ後、NASAの請負業者の1つであるValveTechは、「何か壊滅的なことが起こる」前に、スターライナーの別の打ち上げを中止する必要があると警告した。

最後に、現時点では多くの人がボーイングの安全実績に自信を持っていません。 新しいスターライナーの発売日は6月1日に設定されているが、それが最終的にうまくいくかどうかを確認する必要がある。 宇宙飛行士たちのために、何も問題が起こらないことを願っています。

ボーイングについてさらに詳しく: ボーイング機の乗客が乱気流で死亡、7人が重体

READ  Rocket Lab が 12 月 19 日に米国本土から初の打ち上げを試みた様子をご覧ください