7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ポートランドの日本企業は、芸術と園芸を通じて外交を発展させようとしています

ポートランドの日本企業は、芸術と園芸を通じて外交を発展させようとしています

ポートランド日本庭園は、米国と日本が第二次世界大戦の緊張した関係を継続するのを支援することを目的として、1967年にオープンしました。

現在、庭は再び成長しています。

現在建設中の新しい日本企業では、庭はまもなく世界中からの芸術家や外交官を受け入れることができるようになります。

内山貞文氏は、2024年までに着工する予定です。 彼は長い間フィールドにいて、日本の庭師の長い列から来ています。

「私の家族は1世紀以上ガーデニングに携わってきました。 ですから、私は家族の4代目です」と彼は言います。

内山は1988年に南日本から米国に移住し、イリノイ大学で造園を学びました。 2003年、彼はチームメンバーとしてポートランド日本庭園に加わりました。 2008年に、彼は工場の最初の監督になりました-彼は昨年までその役職を務めました。

2017OPBファイルポートランド日本庭園の写真。 この庭園は、ポートランドのフォレストパークにあるサテライトコンプレックスで現在建設中の新しい日本企業で、間もなく世界中のアーティストや外交官を迎えます。

ラリー・イゾラ/ OPB

「祖父と父から受け継いだ伝統を振り返ります。逆説的に、実際、別の国で。」

内山を日々維持するのに役立つ景観を備えた庭園は、日米の複雑な歴史的関係を育んでいます。

「彼らは苦い敵だった」とポートランドの作家、和賀高橋ブラウンは書いている。 また、日系アメリカ人のアイデンティティと日米関係についても教えています リアリズム スタンフォード大学で。 「特に1960年代に日本の産業経済が再建され始めたとき、人々はまだ戦争についてすべてを覚えていると思います。」

ウクシアマは、庭での彼女の仕事がそれらの困難な時代の静かな思い出させるものとして役立つことを望んでいます。

「ここでの戦争の傷跡は、米国のどの地域よりも明白で深刻ですが、同時に、米国と日本は戦前は良好な関係を築いていました」と彼は言います。 「それで、和解の場としての庭の機能は、ある意味で非常にユニークだと思います。」

2年先を見据えて、リノベーションと建設が完了すると、日本企業はその和解の感覚を継続します。

キャンパスには、グローバル文化芸術センター、国際交流フォーラム、国際日本庭園研修センターの3つの異なる分野があります。

オルガスムは園芸教師につながります。

「北米だけでも、200または250以上の日本庭園にアクセスできます。

ポートランド日本庭園の監督であるウッキアマサダフミは、観光客のグループをポートランド日本庭園に連れて行きます。

ポートランド日本庭園の監督であるウッキアマサダフミは、観光客のグループをポートランド日本庭園に連れて行きます。

礼儀ポートランド日本庭園

3つの部門はすべて、2500万ドルの再建プロジェクトのために中央の場所から運営されます。

4月、日本企業はその場所を発表しました 新しいキャンパス 日本庭園から3マイル。

インスティテュートのアートセクションは、ポートランド日本庭園を訪れるゲストが敷地内に滞在する機会を提供します。 以前は、国際的なアーティストが地元のホテルやモーテルに滞在していました。 間もなく、彼らは滞在中にキャンパスで生活し、働くことができるようになります。

ポートランド日本庭園の最高経営責任者(CEO)であるリサクリスティーは、次のように述べています。 。 「世界は非常に二極化しています。」

クリスティーは、国の反アジア感情の明らかな上昇の報告の増加は、平和に関する外交対話の天国になることを目指す研究所の国際交流フォーラムの必要性を強調していると言います。

「自然に囲まれていると、怒るのはとても難しいです」とクリスティーは言います。 「あなたはあなたの安全を減らすためにあなたを落ち着かせるように設計された環境に囲まれています。」

作家のブラウンにとって、新会社は第二次世界大戦後に米国で人種関係がどのように発展したかについての認識を高める機会を提供します。

「それ以来、日系アメリカ人のイメージは向上しましたが、ここにエピデミックがあります。それから、この反中国感情があります。エピデミックは、完全に消えたことはないことを示すために必要な刺激だと思います」と彼は言います。これの別のサイクルを通過するつもりです。」

ウチヤマに関しては、それらの橋は常に葉、小枝、桜で作られます。

「庭は差別せず、来ないように言っていません。庭はいつもあなたを受け入れるためにここにあります。」

日本の会社は、かつて救世軍が所有していた一連の建物を再建しています。 現在は研究所の本部となり、寮とアートスペースが完備されています。

日本の会社は、かつて救世軍が所有していた一連の建物を再現しています。 現在は研究所の本部となり、寮とアートスペースが完備されています。

スティーブンドーナツ/OPP

READ  日本のスーチー首相は9月30日に辞任する予定です