4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マーチ・マッドネス:クレムソンがアリゾナ州ケイレブ・ラブを完封し、1980年以来初のエリート8に到達

マーチ・マッドネス:クレムソンがアリゾナ州ケイレブ・ラブを完封し、1980年以来初のエリート8に到達

ロサンゼルス — 40 年以上で初めて、クレムソン大学がエリート エイトに出場します。

タイガースは、ケイレブ・ラブとナンバー2アリゾナを夜の大半で封じた後、ロサンゼルスのクリプト・ドットコム・アリーナでワイルドキャッツに77対72で勝利した。 これにより、彼らのプログラムのエリート エイトへの 2 回目の出場が正式に確定しました。 これはアリゾナにとってスイート16での4連敗でもあり、トミー・ロイド監督の下での3シーズンで2度目となる。

「彼らは今日のチームにふさわしいチームだった」とロイドは語った。 「彼らは今、単純な方程式を持っている。彼らは試合中に人に飛びかかり、3連続で立ち上がってチームに逆転を強いる。我々は深く掘り下げて試合に復帰したが、次のステップに進むことはできなかった」 。」

その夜のほとんどの間、ラブ&ザ・ワイルドキャッツのオフェンスは概ね横ばいだった。 彼らは16-6という悪い側で試合を開始するという、おそらく最悪のスタートを切った。 ラブもフィールドスタートで5本中0本を成功させ、クレムソンが最大限のアドバンテージを獲得した。 タイガースは後半まで二桁リードを維持し、守備面でほぼコントロールを保った。 チェイス・ハンターが7フィートのオマール・バルーをリムに詰めると、ラブがバックボードから悪いターンオーバーを犯した後、チョーンシー・ウィギンスがクラッチ3ポイントシュートを決めた。

バルーは試合終了間際にジェイデン・ブラッドリーのアシストから片手で豪快に叩きつけるなど、2度のダウンを奪って前半で試合を一桁に縮めたが、それでもワイルドキャッツは8点差でロッカールームに入った。

ついに愛と山猫たちが生き返った。 彼らは12-4のランでハーフタイムを抜け出し、後半に入ってわずか数分でラブのレイアップと1アウトで試合を同点にした。 ラブはちょうど2分後に再びパントし、この試合最初のリードを奪った。

しかし、この程度の攻撃は長くは続きませんでした。 アリゾナ州は再びほぼ完全に閉鎖された。 ワイルドキャッツがリムに攻撃するたびに、ほぼ毎回フリースローラインに到達したにもかかわらず(ピリオド中盤のわずか数秒でダブルボーナスを獲得した)にもかかわらず、彼らはアーク後方からの貧弱で素早いショットに落ち着き始めた。 次のフィールドゴール試投19本のうち成功したのはわずか1本で、タイガースは残りの試合で一歩リードを保つことができた。

アリゾナは、ブラッドリーが最終的に3ポイントを決めてダウンを奪い、残り1分を切ったところで試合をわずか2点に縮めた後、最後にもう1度近づいた。 しかし、ハンターは反対側で逆転し、レイアップを決め、コーチのブラッド・ブラウネルをサイドラインでタイガー・ウッズにガッツポーズさせた。 弟のディロン・ハンターも続いて自身の3ポイントを獲得し、5点差で勝利を決めた。

木曜の夜、チェイス・ハンターとクレムソンがアリゾナを驚かせ、番組史上2度目となるエリート8に進出した。

木曜の夜、チェイス・ハンターとクレムソンがアリゾナを驚かせ、番組史上2度目となるエリート8に進出した。 (ハリー・ハウ/ゲッティイメージズ)

「あれは間違いなく私たちのチームにとって大きな瞬間でした」とチェイスは語った。 「それが起こったとき、私はその試合に勝つと確信していました。私たちの弟たちが1ゴールを決め、私たちの勝利を決定づけました。ビッグプレーが勝利を確実にしました。」

バロウはフリースローラインから7本中1本しか成功させなかったものの、15得点15リバウンドでアリゾナをリードした。 ブラッドリーはベンチから18得点を加え、ラブはゴール裏からシュート9本中0本を成功させながら13得点で終えた。

この勝利でハンターは18得点6リバウンドでタイガースをリードし、P.J.ホールは17得点8リバウンドで終わった。 NCAAトーナメント全体で1分未満の差をつけられているクレムソン大は、土曜日のエリートエイトでアラバマ大と対戦する。 クリムゾン・タイドは、フォワードのグラント・ネルソンの素晴らしいフィニッシュのおかげで、スイート16の試合で第1シードのター・ヒールズを89-87で破った。

一方、アリゾナはまたしても残念な結果に終わってツーソンに戻ることになる。

READ  エール大学がアイビーリーグのタイトルを獲得し、ブザービーターでNCAAトーナメント出場権を獲得