4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マーチ マッドネスのスコアとライブ更新: 土曜日のスコア、日曜日のスケジュール、NCAA 男子トーナメントの順位

マーチ マッドネスのスコアとライブ更新: 土曜日のスコア、日曜日のスケジュール、NCAA 男子トーナメントの順位

試合は引き分けとなり、残り12秒でオークランドはタイムアウトから抜け出し、トレイ・タウンゼントを狙った。 ノースカロライナ州立大学は、オークランドの狙撃手ジャック・ゴールケに一歩も譲らないよう、一晩中努力したが、結果はまちまちだった。 タウンゼントはその夜のほとんどの間ずっと攻撃を続け、ゴールケとオークランドのコーチであるグレッグ・キャンビーによると、制限時間内に設定されたプレーは、ゴールケがスクリーンを駆け抜け、タウンゼントが肘のあたりを捕まえるための一種のおとりとして機能することでした。 。 。

しかしプレーの展開は遅く、残り1.3秒でオークランドのフォワード、クリス・コンウェイがボールを枠外、そしてタウンゼントの手の届かないところに投げてしまった。

「コールは左肘でバスケットに向かっていたタウンゼントに向けられたもので、彼はボールをはぎ取ってドライブするはずだった」とキャンビーは語った。 「そして、彼はヒーローになるか、フリースローラインに行くか、それともコールされないかのどちらかだった。その3つのうちの1つが起こるだろう。彼は出場権を握るつもりだった」そして得点する。」 「彼をガードしていた少年は4つのファウルを犯したが、きっとその少年は彼をよく見させなかったはずだ。彼らはむしろ彼にフリースローを試みさせたかったのだ。」

「我々が中に入るまでに長い時間がかかった。彼らが来てパスをブロックし、我々のキーパーが代わりにボールをドリブルした。そしてその時までに――残り17秒だったので(タウンゼントがボールをゴールにバウンドさせたとき)私のせいだった」 「10時か12時(残り2秒)までは行きたくなかった。17時に行けていたら、対処できたかもしれない。そして、それが間違いだった。それが私たちのコーチの犯した間違いであり、それが間違いだった」大きなものよ。」

READ  アイザイア・スチュワート:デトロイト・ピストンズのフォワードは試合前に相手を殴ったとして逮捕され、引用された