2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ミネソタ州の空港でキリンの糞が入った箱が押収された

ミネソタ州の空港でキリンの糞が入った箱が押収された



CNN

ミネソタ州の空港の税関職員は、旅行者が荷物の中にユニークなお土産、キリンの糞を持ち込んでいることを発見しました。

乗客は9月29日にケニアからミネアポリス・セントポール国際空港に到着した。 米国税関国境警備局のプレスリリースによると。

「乗客はキリンの糞を宣伝し、ケニアでキリンの糞を入手し、ネックレスを作るつもりだと述べた」と声明文にはある。

税関職員によると、この旅行者は以前、アイオワ州の自宅でヘラジカの糞を使って同様のジュエリーを作ったことがあると語った。

声明によると、当局の農業専門家らはプロトコルに従って「ゴミ箱を押収し、糞便は蒸気滅菌によって処理された」という。

ラフォンダ博士はこう言いました。 「糞便が米国に持ち込まれる現実のリスクがある」とシカゴにある同庁現地事務所の現場業務ディレクター、サットン・バーク氏は声明で述べた。 「もしこの人が米国に入国し、これらの品物を申告しなかったとしたら、その人はこの宝飾品によって病気になり、深刻な健康上の問題を抱えていた可能性が高いでしょう。」

声明は、「反芻動物の糞便」を米国に持ち込むには獣医局からの許可を得る必要があると述べた。 同庁は、ケニアがアフリカ豚コレラ、古典的豚コレラ、ニューカッスル病、口蹄疫、豚水疱症に苦しんでいることを指摘した。

キリンはケニアの 47 郡のうち 27 郡に生息しています。 キリン保護財団によると。 同財団は、この病気が全国のキリン数の減少に不可解な役割を果たしていると述べた。

READ  土曜日のハイライト - ビッグ ブラザー ネットワーク