7月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

メキシコ:中国人移民8人が海岸で死亡しているのが発見される

メキシコ:中国人移民8人が海岸で死亡しているのが発見される

写真にコメントして、

遺体は金曜日、オアハカ州の海岸で発見された。

当局によると、メキシコ・オアハカ州の海岸でボートが転覆し、中国人8人の遺体が発見された。

遺体は金曜日、米国に入国しようとしていた不法移民が通ったルートで発見された。

女性7人と男性1人は、木曜日にグアテマラとの国境にあるチアパス州から出港したメキシコ経営のボートに乗っていた。

もう一人生き残った。 ボートの運転手に何が起こったのかは明らかではない。

オアハカ州検察当局は、遺体はプラヤ・ビセンテ町のビーチ近くで発見されたと発表した。

同当局は事故原因を調査しており、犠牲者の特定に向けて在メキシコ中国大使館と協力していると付け加えた。

2021年以降、630万人以上の移民が米国に不法入国した。

その数は2018年に増加し始めたが、これは主にギャング暴力、貧困、政治的弾圧、自然災害など一連の複雑な危機から逃れてきた中米人によるものである。

アメリカ大陸外からの移民に関しては、中国からの移民が最も増加しており、国内の低迷する経済や政治的抑圧から逃れようとする移民が増えている。

昨年、米国とメキシコの国境で拘束された中国人は3万7000人を超え、その数は2年前のほぼ50倍となった。

メキシコの移民施設や避難所は、増え続ける移民で圧倒されている。

不法移民が次期米大統領選挙戦の中心的な舞台となる中、同国政府は流入者対策として米国からの圧力を強めている。

READ  記者のノート:ロシアの意図はウクライナ軍の増加とともに現れる