6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

メリッサ・バレラ、『スクリームVII』から解雇 – ハリウッド・レポーター

メリッサ・バレラ、『スクリームVII』から解雇 – ハリウッド・レポーター

メリッサ・バレラはもう主役を演じていない 七つ目の叫び。 俳優は、イスラエルとハマスの戦争を受けて一連のソーシャルメディアへの投稿を受けて、プロジェクトから外された。

「ガザは現在、強制収容所のように扱われている」と彼女はインスタグラムストーリーの投稿に書いた。 「みんなを一緒に閉じ込めて、行く場所もなく、電気も水もなく…人々は私たちの歴史から何も学んでいません。 私たちの歴史と同様に、人々は今でも起こるすべてのことを静かに見守っています。 「これは大量虐殺と民族浄化だ」

Spyglass の背後にある会社 叫ぶ フランチャイズはコメントなし。

バレラは次のようにしてフランチャイズの活性化に貢献した。 叫ぶ、2022年の映画は全世界で1億3,770万ドルの収益を上げ、シリーズの何世代ものキャストメンバーが集まりました。 バレラのサム・カーペンターはこの映画の主人公で、ジェナ・オルテガのテラの姉でした。 バレラも出演 6番目の叫び3月に公開され、世界興行収入は1億6,890万ドルに達した。

幸せな死の日 クリストファー・ランドン監督が監督 七つ目の叫び 『ラジオ・サイレンス』の映画製作者による。 撮影はまだ始まっておらず、俳優や脚本家のストライキの影響で開発は遅れていた。 現在、スパイグラスはバレラ氏の後、計画を再調整するとみられている。 パラマウントは最終回の配給を行っており、新作でも再び配給する予定だ。

火曜日の初め、タレントエージェンシーUTAが、11月17日にニューヨーク市で行われた親パレスチナ集会での女優スーザン・サランドンの発言を受けて同氏を解雇したというニュースが流れた。

READ  ジェイミー・フォックスは入院から1週間、まだ入院中