4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

モスクワのコンサートホール襲撃について私たちが知っていること

モスクワのコンサートホール襲撃について私たちが知っていること

ロシア、モスクワ近郊のクラスノヤルスクにあるクロッカス市庁舎内で火災が発生した。 ロシア国家情報局は、武装集団が音楽会場に発砲したと報告した。
寄稿者/ゲッティイメージズ

  • ロシア国営メディアは、金曜日、武装勢力がモスクワ近郊のコンサートホールを襲撃したと報じた。
  • 同通信は、少なくとも115人が死亡、100人以上が負傷したと報じた。
  • イスラム国の支部であるISISホラーサンが犯行声明を出した。

ロシア国営メディアのタス通信が同国の連邦保安局の話として報じたところによると、金曜日、武装集団がモスクワ近郊のクロッカス市庁舎ミュージックホールに発砲し、少なくとも115人が死亡、100人以上が負傷したという。

報告されている死者数を考えると、これはロシアの首都近郊で近年発生した最も死者数の多い攻撃の一つとなるだろう。

これまでにわかっていることは次のとおりです。

どうしたの?

未知のグループが発砲した 金曜日の夜、モスクワ西端の音楽会場クロッカス市庁舎にて。

襲撃犯の人数はまだ特定されていないが、ソーシャルメディア上の動画には、アサルトライフルを持った数人がコンサートホールに入場する様子が映っていたとAP通信が報じた。

タス通信によると、ロシアのロックバンド「ピクニック」は襲撃直前にコンサートに出演する予定だったという。 AP通信によると、コンサートホールは約6,200人を収容できる。

報告書によると、115人以上が死亡、約145人が負傷した。 ロシアのミハイル・ムラシュコ保健大臣は、感染者の中には子供も含まれていたと地元ニュースチャンネルに語った。

タス通信は、爆発により建物がすぐに揺れ、火災が発生したと報じた。 非常事態省はロシア通信に対し、クロッカス市庁舎の3分の1が火災に包まれたと発表した。

誰が責任を主張しますか?

攻撃直後、アフガニスタンのテロ組織の分派であるISISホラーサーン州(ISIS-KHRA)が、ISIS系アマク通信社とテレグラムで共有した声明で犯行声明を出したとCNNが報じた。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、米国当局者はこのグループの責任を認めた。

ISIS-Kとは何ですか?

ワシントンD.C.に本拠を置くシンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)によると、イスラム国傘下組織ISIS-Kは2015年に設立され、主にパキスタンの個別戦闘員で構成されていた。

BIは以前、主に宗派の違いにより、この支部はタリバンの宿敵の一つとみなされていると報じた。

CSISによると、同支部は2018年までにアフガニスタンとパキスタンで民間人に対する約100件の攻撃を担当した。 しかし、このグループは2021年8月にカブールのハミッド・カルザイ国際空港で自爆テロを実行し、米兵13人と民間人169人が死亡したことで国際的な注目を集めた。

戦略国際​​問題研究所のテロ対策と中東の専門家ダニエル・バイマン氏は、ISIS-カラリスは「イスラム国の最も成功した支部の1つ」とみなされているとBusiness Insiderに語った。

なぜISISホラーサンはロシアを標的にしているのでしょうか?

ISIS-Kとロシアとの敵対関係は、同国のイスラム教徒に対する残忍な扱いを反映したいくつかの主要な歴史的紛争に起因している可能性がある。

「望むなら、ロシアによるコーカサス侵攻の時代に戻ることもできる」とバイマン氏は語った。 「その後、1940年代のソ連によるイスラム教徒の国外追放に行くことができます。」

バイマン氏はBIに対し、小さなイスラム共和国であるチェチェンで1990年代と2000年代に起きた断続的な戦争について言及することが多く、その間チェチェンは独立を目指して奮闘していた、と語った。

ワシントンに本拠を置くシンクタンク、ウィルソン・センター所長のマイケル・クーゲルマン氏はロイターに対し、ISIS-Kは「ロシアがイスラム教徒を定期的に迫害する活動に加担しているとみている」と語った。

なぜ今、攻撃が起こったのでしょうか?

バイマン氏は、金曜日の攻撃のタイミングの背後にある理論的根拠はまだ明らかではないが、象徴的または政治的な目的ではなく、「作戦上の」理由に関連していることが多いと述べた。

ISIS-Kが攻撃を実行したことが確認された場合、同グループは単に準備していたから金曜日に攻撃を行った可能性があるとベイマン氏は述べた。

3月7日、在ロシア米国大使館は、ロシアの首都近郊で「大規模な集会を標的にする」ことを計画している「過激派」の報告についてモスクワに警告した。

2人の米当局者はワシントン・ポストに対し、この警告はロシアにおけるISIS-Kの存在を示す情報に部分的に基づいていると語った。

攻撃の3日前、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はこれらの警告を「挑発的」だと言って拒否した。

「ISIS-Kは過去2年間、ロシアに注目してきた」と世界的な安全保障コンサルティング会社スーファン・グループの国内および国境を越えたテロリズムの専門家コリン・B・クラーク氏はニューヨーク・タイムズに語った。同団体は「クレムリンを流血事件で非難している。イスラム教徒は彼の手の中にある」。

クレムリンの報道官と在ロシア米国大使館はコメント要請に応じなかった。

READ  AP通信記者はほぼ四半世紀にわたり、ロシアでプーチン時代が展開するのを見てきた