7月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

モンスターレビュー: マーベルとビタースウィート

モンスターレビュー: マーベルとビタースウィート

世界の映画界に是枝裕和のような人はいるだろうか? 毎年毎年、この日本人脚本家兼監督は、静かに胸が張り裂けるような、皮肉で人情的なコメディドラマを送り続けており、そのどれもが楽しみである。 2018年に『泥棒たち』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したが、実際のところ、過去25年間のほとんどを振り返ると、何らかの賞に値する是枝映画が誕生することになるだろう。 。 その中には火曜日にカンヌでプレミア上映された坂元裕二脚本の『モンスター』も含まれる。

もっとこんな感じ:

– 「最初から最後まで奇妙だ」

ジョニー・デップの復帰失敗

5月に観るべきベスト映画10本

『モンスター』について最初に言えることは、これはモンスター映画ではないということですが、それがどのような映画であるかを言うのは難しいです。 おそらく、3 つの異なるジャンルの 3 本の映画が、同じ出来事を 3 つの異なる視点から検証していると言った方が正確かもしれません。 最初の 3 分の 1 では、日本の海岸沿いの小さな町に住む未亡人で洗濯婦のサオリ (安藤サクラ) が登場します。サオリは息子のミナト (黒川壮也) とふざけた関係にあります。 しかし、ミナトは奇妙な行動をとり始め、キッチンバサミで長い髪を切り、運転する車から飛び降りた。 おそらく彼の行動は父親の死に対する怒りによるものですが、沙織は自分が教師の一人である堀先生(永山瑛太)から侮辱され、暴行を受けていることを知っています。 学校に苦情を言いに行くと、謎はさらに深まるし、校長や他の教職員はあまりにも回避的で引っ込み思案なので、カルト信者や人間の姿をした宇宙人に洗脳されているのではないかと思われる。

この部分は、極度の不気味さと日常生活の混沌と色彩のバランスをとった素晴らしいクールな作品であり、子供たちが経験していることを知ることがいかに難しいか、そして子供たちからストレートな答えを得ようとすることがどれほどイライラするかについてのカフカの解説として機能します。権力者たち。 しかしその後、『モンスター』を復活させ、同じ時代を再び取り上げ、今回は組織の卑劣さとソーシャルメディアについての風刺的なブラックコメディとして、その後、いじめと若者の脆い友情を描いたほろ苦い物語として三度目に取り上げた。 3分の1ごとにさらに多くの部分が埋めら​​れ、登場人物にレイヤーが追加され、視聴者はタイトルの「獣」が誰であるかを再評価することになります。

READ  クリストファー・ミラー、狼男対アクメの「楽しい」を称賛 - ハリウッド・レポーター