7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ヤンキースとパドレスのフアン・ソトのトレード:ホールドアップは何ですか? ここからどこへ行くのですか?

ヤンキースとパドレスのフアン・ソトのトレード:ホールドアップは何ですか? ここからどこへ行くのですか?

テネシー州ナッシュビル – 行き止まり。 ジレンマ。 彼女はその場に留まりました。 ニューヨーク・ヤンキースとサンディエゴ・パドレスの間でスター左腕フアン・ソトのトレード交渉が占めているこの奇妙な空間を、何と呼びたいにせよ、終わらせてはいけない。 自由に話すため匿名を条件に語ったリーグ関係者によると、両者はかつて激化した議論のトーンを下げたようだが、月曜に始まるウィンターミーティングに向けて再び激化するのは必至だという。

電話中であろうと、豪華なスイートルームであろうと、迷路のようなゲイロード オープリーランド リゾート & コンベンション センターの高価なレストランやバーであろうと、ヤンキースのゼネラルマネージャーであるブライアン キャッシュマンと彼のカウンターパートである AJ プレラーは、25 番のソトと再び関わります。 – 歳の左利き選手。シーズンを通してトレードされた最高の選手になる可能性があるのは誰ですか。

現状を見てみましょう。

商業

ヤンキースは、昨シーズン全162試合に出場し、35本塁打を放ち、132四球でナ・リーグトップのソトを獲得したいと考えている。 彼の打率.275、32二塁打、109打点は、155wRC+にもつながり、リーグ平均を55パーセント上回る成績をマークした。 デビューシーズンとなった2018年以来、ソトはMLBで8位となる平均fWAR28.4を記録している。 彼はこのゲームで最高の打者の一人であり、おそらく最高の左打者であり、キャッシュマン氏は左打者の獲得が目標だと語った。 ソトは優れた守備者でも走者でもありませんが、彼のバットにはそれだけの価値があります。 また、ソトは来季フリーエージェントとなり、フリーエージェントテストを行わずに契約延長にサインする可能性はほぼない。 ソトと代理人のスコット・ボラスは、2022年にワシントン・ナショナルズからの15年総額4億4000万ドルのオファーを拒否した。

パドレスはMLBの準備ができているか、それに近い若手スターターをターゲットにしていると関係者は語った。 彼らの名前として挙げられたのは、来季ヤンキースの先発ローテーション入りが期待される大リーグの大腕クラーク・シュミットとマイケル・キングだ。 彼らはまた、スウィングマンのランディ・バスケスとジョニー・ブリトー、そしてベースボール・アメリカが昨シーズン終了時点でトップ100のプロスペクトリストで総合96位にランク付けしたプロスペクトのドリュー・ソープをドラフトした。 強打の外野手エバーソン・ペレイラや遊撃手のオズワルド・ペラザなど、ヤンキースの他の注目選手も出場すると予想されている。 ヤンキースは特にキングやソープを引き渡すことを嫌がるだろうと関係者は語った。

パドレスは中堅手トレント・グリシャムの追加も検討していると関係者は語った。

呼び出し

ヤンキースはパドレスの要求(8対2の交換バージョン)があまりにも急すぎると考えた、と関係者は語った。 パドレスはサラリーダンプモードにあるようで、ソトを獲得した球団はサラリー仲裁を通じて来季彼が受け取る予定の3300万ドルを全額支払うことになる。 27歳のグリシャムを解雇すれば、ポットにさらに490万ドルが追加されると予測される。 ヤンキースはパドレスに財政的救済と注目度の高い質の高い先発投手を提供できる数少ないチームの1つと思われる。

しかしパドレスは、ヤンキースが82勝80敗でプレーオフ進出を逃した不本意な2023年シーズンを改善するよう、ファン層から強いプレッシャーを受けていることも承知している。 ソトの加入はヤンキースのプレッシャーを取り除くのに大いに役立つ可能性がある。 ソトが他の場所でトレードするのを見れば、不安はさらに数段高まるかもしれない。

外部要因

いくつかあります。

パドレスはソトをトレードする前に、スターフリーエージェントの大谷翔平に次の本拠地を決める決断をさせなければならないかもしれない。 オオタニに負けたチームはソト獲得に倍増するか、残念賞としてドミニカ共和国出身のソトに注目し始めるかのどちらかになるだろう。 例:トロント・ブルージェイズはソトについてパドレスと話しており、彼らもオオタニの有力な候補であると考えられている。 パドレスは夢のソトとの契約を獲得するために、ブルージェイズ対ヤンキースと対戦する可能性もあるし、その逆も可能だ。

サンディエゴが最も明らかに必要としているのは先発投手で、ナ・リーグのサイ・ヤング賞受賞者ブレイク・スネルとフリーエージェントのマイケル・ワチャがいる。 パドレスが待てば待つほど、より多くのフリー投手が降板することになり、パドレスの選択肢は少なくなる。

外野手と左打ちの助けが必要なヤンキースには、他の選択肢もある。 ソトほど魅力的なものはない。 チームはクォーターバックのコディ・ベリンジャーに興味を持っているが、今のところ提示額は高すぎると関係者は語った。 ヤンキースはケビン・キアマイヤーかイ・ジョンフを検討する可能性もある。 ヤンキースがソトを獲得することが、同じくフリーエージェントである日本のスター、山本由伸への支払いにどのような影響を与えるかは不明である。

真実

パドレスがソトをトレードするのは当然の結論のように思える。 ヤンキースとサンディエゴの交渉がここまで進んだのであれば、両チームとも仮想対戦が実現することは明らかだ。 この種の会話は、地球に帰還する前に、つまりホンキートンク・ハイウェイに帰還する前に、双方が月や星を求めたときに始まることは珍しいことではありません。

(写真:スティーブ・チェンバース/ゲッティイメージズ)

READ  スティーラーズ ポイント vs. ブラウンズ、ファーストフード: ニック チャブ、アマリー クーパーがクリーブランドをリードし、ピッツバーグを破る