2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ユタ州の望遠鏡が銀河の外で謎の宇宙線を検出

ユタ州の望遠鏡が銀河の外で謎の宇宙線を検出

  • ユタ州の科学者は、天の川の外から来たと考えられる珍しい宇宙線を特定した。

  • 日本の太陽の女神にちなんで「アマテラス粒子」と名付けられました。

  • テレスコープ・アレイの広報担当者は、粒子の発生源について「謎」だと述べた。

ユタ大学と東京大学の天文学者が巨大な存在を特定した 非常に高エネルギーの希少宇宙線 天の川銀河の外からやって来たと考えられています。

日本の太陽の女神にちなんで名付けられたアマテラス粒子は粒子です 肉眼では見ることができない素粒子の実体

サイエンス誌に掲載された結果は、エネルギー競争相手が記録を樹立したことを明らかにした 「Oh My God」粒子は 1991 年に観測されました

「オー・マイ・ゴッド粒子とこの新しい粒子の場合、その源まで遡ることができますが、それを取得するのに十分なほど高いエネルギーはありません」とテレスコープ・アレイの広報担当者で研究論文の共著者であるジョン・マシューズ氏は述べた。 私がプロデュースしました。 それがこれの秘密だ――いったい何が起こっているんだ?」

地球には宇宙線や荷電粒子が絶えず降り注いでいます。、通常は太陽から発生します。 しかし、アマテラス粒子のような高エネルギー宇宙線は例外であり、他の銀河や銀河系外の線源から来ると考えられています。

最近発見された粒子は、ユタ州西部砂漠にある天文台であるアレイ望遠鏡によって確認されました。 270平方マイルのエリアに507台の表面検出器を備えた宇宙監視ステーションは、30本以上の高エネルギー宇宙線を検出し、最も重要な出来事としてアマテラス粒子が出現した。

地表探知機はヘリコプターで配備される予定。東京大学宇宙線研究所

2021年5月27日に大気圏に衝突し、23台の表面検出器を作動させ、計算上のエネルギーは約244エクサ電子ボルトで、「オーマイガッド」粒子の320エクサ電子ボルトのすぐ下にある。

アマテラスの粒子を含む観測された粒子は、虚空または空の空間から出現するように見えます。

起源を追跡できる低エネルギー宇宙線とは異なり、このような高エネルギー粒子は一見何もない空間から発生するように見えます。 アマテラス粒子は、天の川の境界にある空の領域であるローカルボイドから発生したと考えられています。

望遠鏡の配列を拡張することで、この稀な出来事に対するさらなる答えが期待できるようになります。 ロードアイランド州とほぼ同じ広さのエリアをカバーする追加の 500 台の検出器により、この天文台は宇宙線によって生成される粒子シャワーを捕捉し、宇宙の謎についてさらなる洞察を提供することを目指しています。

元の記事を読む 貿易に興味がある

READ  NASAのキュリオシティプローブが古代の水の以前の証拠を発掘