2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとMSCクルーズのラテン歌手ナディア

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとMSCクルーズのラテン歌手ナディア

ナディア・ローゼンチェッジャー: アルゼンチン出身のプロの歌手兼アーティスト。 魅惑的な存在感を持つ彼女の声は、主要なステージを飾ってきました。 ファースト・クルーズでの彼のキャリアは、2018年にリード・プロダクション・シンガーとしてでした。 修士号。 力強い歌声も披露 シルバーシー クルーズ そしてで ユニバーサル・スタジオ・ジャパン。 ナディアはブエノスアイレス演劇学校を卒業し、コースに参加しました 現役俳優のスタジオ (ニューヨーク)、 ブロードウェイ ダンス センターこの コラボレーションによるクリエイティブな取り組み (イギリス)。

クルーズ船でのキャリアはどのようにして始まりましたか?

2018年、私はアルゼンチンで働いていました。 クルーズ船で働くのが、俳優として海外での最初の仕事でした。 私はずっと海外で働きたいと思っており、クルーズ船の構想は現地で働いていた人から聞いたことがきっかけでした。

私は、彼らがどのようなものを望んでいるのか、あるいはオーディションでどのように自分を表現するのかについてリサーチしてみようと言いました。 私はさまざまなスタイルで数曲のリールを作成し、それをあちこちに送り、現時点であまり曲を持っていない会社をすべて見つけました。

私は代理店にもそれを送りましたが、2018 年 8 月に 1 つの代理店から返信がありました。 彼らは言いました、「もちろんです!」 私たちがあなたの代理を務めます」と言うと、すぐに彼らは私にこのイタリアクルーズのオファーを送ってきました。 彼らは、ちょうど今頃で、船は中国と日本に向かっているところだと言いました。

アルゼンチン出身の私を想像してみてください。 世界中でそうなんです。 とても緊張して怖かったし、もちろんこのようなことをするのは初めてだったのでよくわかりませんでした。 しかし、この会社ではイタリア語で歌うことが求められているため、私にイタリア語でのデモを依頼し、私はその仕事を得ることができ、その後は振り返ることはありませんでした。

クルーズ船はまったく別の世界でした。 それは私の人生を変えました。 それは私に多くのツールを与えてくれました。 同僚や上司から多くのことを学びました。 そして、旅については言うまでもありません。 その時初めて日本に行きましたが、ドバイ、東南アジア、中国にも行きました。

とても気に入ったようですが、大変だったのではないでしょうか?

出荷期間は 6 ~ 8 か月、その契約では具体的には 8 か月、その後 7 か月と 6 か月になりました。 したがって、契約が異なれば長さも異なる可能性があります。 しかし、船上に長期間滞在することは大変なことであり、誰にでもできるわけではありません。

ずっと屋内にいないと、本当に自分の時間を持てなくなります。 これが他の陸上の仕事との最大の違いです。 外出時は必ず門限を守る。 そして自炊もできません。 食べ物が嫌いでも何もできません。 したがって、課題はたくさんあります。 しかし、正しい考え方を持って取り組み、それが自分の持っているものであれば、それは本当に素晴らしい仕事です。

インタビュー:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとMSCクルーズの情熱的なラテン歌手、ナディア

その後、どのような経緯でUSJで働くことになったのでしょうか?

最初の契約期間中に私は日本に行きました。 そこで 1 か月間過ごしましたが、とても気に入りました。 2019年にここで働き、暮らしたいと本気で考え、選択肢を探しました。

その後、疫病がやって来ました。 多くの企業がオンラインオーディションを始めており、USJもその1つです。 これは私がこれまでに参加したオーディションの 1 つまたは最高のものだったと言わざるを得ません。 なぜなら、あなたがそれを理解するかどうかに関係なく、あなたは敬意と親切をもって扱われますが、それは実際には一般的ではないからです。 検閲は残酷で非常に冷酷なものになることがあります。

実は2020年、2021年、2022年と3年連続でオーディションを受けさせていただきました。 2021年は決勝まで進出しましたが、日本では国境が封鎖され、海外からは誰も受け取ることができませんでした。 そして2022年、ついにそれを手に入れました。 大手の事務所なのでオーディションを受ける人も多いので受かるとは思っていませんでした。

それは信じられないほどの仕事です。 正直に言うと、その年、日本にいたら何も変わらなかったと思います。 特に文化の面では、大きく異なることがたくさんあります。 しかし、私は素晴らしい時間を過ごし、多くの機会を得ることができました。 個展を作って主催することも必要です。

USJで働く上で一番大変だったことは何ですか?それをどうやって乗り越えましたか?

最も難しかったのは、スタミナ、体の部位、声の面でした。 健康には十分注意する必要があります。 私は常にポータブルボイススチーマー、ネブライザー、加湿器を持ち歩いており、これらなしでは生きていけません。

どれだけのエネルギーと何時間ステージにいるかという点では、ブロードウェイにいるようなものです。 ブロードウェイでは週に7〜8回のショーを行うことになります。 それで、ブロードウェイで仕事を得るために私を訓練したと思います。 それが私の夢です。

なぜ行こうと思ったのですか?

何を期待すればいいのかわかりませんでしたが、特に初めての個展を行った後、それが本当に自分の情熱であり、何かが私の心を動かしたことに気づきました。 それで、私はそれに従って、それがどこにつながるのかを確認しようと思いました。

[Nadia’s first solo show, “Sing it to me!”]

それで、次のプロジェクトは何ですか?

私の番組に協力するためです。 まだ何も決まっていないので何とも言えませんが、船の上や陸上でも自分のショーをするつもりです。 私のソロショーについて話すとき、これはラテン系のショーです。私は一般的にラテン系ではない人々と私たちの文化や音楽を共有しているので、これは私にとって非常に特別です。 サルサ タンゴ ボサノバ、少しのディズニー、スペイン語のミュージック シアターなどのジャンルを組み合わせるようにしています。 それらのショーは私を代表しています。

[Nadia’s second solo show, “VIVA Latina”]

それであなたもプロデューサーになるんですか?

はい、正確に。 それで、私が始めようとしているこのビジネスは、タライヴァンまたはゲストエンターテイナーと呼ばれています。 つまり、特にクルーズ船に乗って、ショーを行って帰ってしまうのです。 ショー全体、照明、映像、音楽が付属しています。 普段はグループ内でバンドと一緒に活動しているので、曲も自分で考えますが、衣装も含めてすべて自分で作ります。 自分がこのような立場にあるのを見たことがなかったし、多くのことを学べたのでとても刺激的でした。

インタビュー:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとMSCクルーズの情熱的なラテン歌手、ナディア

将来のキャリア目標は何ですか?

私はブロードウェイに出演することをずっと夢見ていたので、遅かれ早かれそれを実現したいと思っています。 ぜひ参加したいショーはいくつかありますが、たとえそうでなくても、ミュージカルが私の唯一の情熱です。 私は16歳のときにミュージカル演劇を勉強し始めたので、ディズニー映画をすべて見ていました。 父もミュージカルが大好きだったので、ミュージカルは私の人生の一部になりました。

でも正直に言うと、これはとても奇妙です。なぜなら、この業界では、私がクルーズ船に乗って海外に連れて行ってくれるからという目標からスタートするのに、私がそれが好きだという事実をまったく考慮しないからです。 どういうことなのか分かりません。 だから私はそのプロセスを楽しみながらやらせてもらっています。

ミュージカルはすぐにはできませんが、何をやっても演じても楽しいです。 それで私の夢も少しずつ変わってきました。 ちょっとしたミュージカルと自分のことの両方をやります。 視野が広がるので本当に刺激的です。

フォトクレジット: [Kenshi James, Kanon Hamano, Misaki]

READ  日本の首相の訪問はバイデンの戦略を浮き彫りにする