7月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ラズベリーのリードシンガーが74歳で死去

ラズベリーのリードシンガーが74歳で死去

彼は遊ぶ

「オール・バイ・マイセルフ」や「ハングリー・アイズ」などの曲で成功を収めた、強力なポップ・グループ、ザ・ラズベリーズのリーダー、シンガー・ソングライターのエリック・カルメンが死去した。

彼は74歳でした。 そのニュースは月曜日に発表された 彼のウェブサイトで 妻のエイミー・カルメンからの手紙とともに。

「エリック・カルメンが亡くなったという衝撃的なニュースをお伝えするのは、非常に悲しいことです。親切で愛情深く、才能に溢れたエリックは週末、睡眠中に亡くなりました」と声明で述べた。 「数十年にわたる彼の音楽が多くの人に感動を与え、彼の永遠の遺産となることを知って、彼は大きな喜びを感じました。」

「私たちの多大な喪失を悼みますので、ご家族のプライバシーを尊重してください」と彼は締めくくった。

死因については言及されていない。

USA TODAYは、かつてラズベリーが所属していたレーベルであるキャピトル・レコードにコメントを求めた。

1970年に結成されたラズベリーズは、キャピトル・レコードに4枚のアルバムをプロデュースし、ほとんどのバンドがスーツを放棄していた当時、お揃いのスーツで知られていた。

「ほぼすべてのバンドが腰までの長さの髪とひげを生やし、破れたジーンズを持っていて、まるでヒッピーの集団のように見えました。私はそのような状況からできるだけ離れたかったのです」とカルメン 観察者は2017年にこう語った。

1972年にリリースされたザ・ラズベリーズのセカンド・アルバム『フレッシュ』は、最高位36位に達し、トップ40入りした2つのヒット曲「アイ・ワナ・ビー・ウィズ・ユー」と「レッツ・プリテンド」を収録した彼らの最高ヒット作となった。

ザ・ラズベリーズは、ドラマーのジム・ボンファンティとベーシストのデイヴ・スモーリーの脱退につながる2年間のクリエイティブな相違の後、1975年にデビュー活動を終了した。

エリック・カルメンの「オール・バイ・マイセルフ」とラズベリーの「ゴー・オール・ザ・ウェイ」には永続的な力がある

ソロアーティストとして、カルメンは 1970 年代と 1980 年代の人気曲を生み出し、その人気曲は 2020 年代にまで持続する力を持っています。

カルメンが1975年にセルフタイトルのデビューアルバムで「オール・バイ・マイセルフ」をリリースすると、この曲はラジオでヒットし、ビルボード・ホット100で最高2位を記録した。この注目の曲は、1995年の「ニコール」などの映画にも登場した。キッドマン映画「トゥ・ダイ・フォー」「クルーレス」「オールモスト・フェイマス」「ブリジット・ジョーンズの日記」。

1996 年にセリーヌ ディオンが「オール バイ マイセルフ」を歌い、この曲は伝説的なカナダ人歌手の最も象徴的な曲の 1 つになりました。

カルメンはまた、グラミー賞にノミネートされた曲「フットルース」のサウンドトラックに収録されている曲「オールモスト・パラダイス」を共作した。 「ダーティ・ダンシング」は、カルメンのもう一つの曲「ハングリー・アイズ」が 1980 年代後半にヒットするのに貢献しました。 この曲はBillboard Hot 100チャートに25週間留まり、最高4位を記録した。 カルメンの次作「メイク・ミー・ロス・コントロール」も1988年にチャート入りした。

ラズベリーズは 1970 年にオハイオ州クリーブランドで結成されましたが、バンドの音楽は今でも愛されており、2014 年には、『ガーディアンズ オブ ギャラクシー』のサウンドトラックに収録された 1998 年のヒット曲「ゴー オール ザ ウェイ」によって勢いがつきました。

カルメンとラズベリー・バンドは、2004年末にクリーブランドのハウス・オブ・ブルースで2回の公演のために再結成し、翌年全米各地で公演を行い、ブルース以上のファンのライナーノーツが収録されたアルバム「ライヴ・オン・サンセット・ストリップ」につながった。 スプリングスティーンはマルベリーズを「偉大だが過小評価されているポップミュージックの巨匠」と称賛した。

カルメンは2007年、「ステージに立って彼らと一緒に演奏できるのは、これまで以上に満足だ」とプレーン・ディーラーに語った。おそらく初めてはよく理解できなかったのでしょう。

寄稿: マーク・ケネディ、AP通信

READ  プリヤンカー・チョープラーは、白いホルターネックのドレスを着て、ラブ・アゲインを宣伝するためにザ・ビューに到着したとき、まばゆいばかりでした