6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ランボルギーニ エスペリエンツァ ジロ ジャパン 2024

ランボルギーニ エスペリエンツァ ジロ ジャパン 2024

ランボルギーニ 日本 本島を巡るドライブツアーを手配します そして周囲の島々 沖縄から

東京都 29歳 2024年4月 – アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンがランボルギーニ・エスペリエンツァ・ジロ・ジャパンを開始 – 沖縄本島と周辺の島々のドライブルートを巡る忘れられない3日間の旅。 美しい海を背景に、20台以上のランボルギーニが沖縄南部から北部までを旅しました。 ランボルギーニ エスペリエンツァ ジロ ジャパンは、沖縄本島だけでなく、本島から橋で行ける瀬底島や古宇利島を訪れ、沖縄の豊かな自然と文化を満喫するアイランドホッピングツアーを実施しました。

ランボルギーニ エスペリエンツァ ジロは、ランボルギーニのオーナーがイタリア、アメリカ、中国などの美しい場所をドライブする、世界中を巡るドライブツアーです。 日本を代表する毎年恒例のこのツアーは、2017年の名古屋と大阪での初開催から7年間続いている。 昨年2023年には京都&奈良でツアーを開催。 沖縄ツアー。 ランボルギーニ エスペリエンツァ ジロ ジャパンは、ランボルギーニ オーナーがドライブ ツアーで最も壮観な場所や道路を探索しながら、ランボルギーニ車で比類のない運転体験を楽しめるように設計されています。

今年はウラカン ステラードをはじめ、20台以上のランボルギーニが沖縄に集結した。[1] – ランボルギーニ初の全地形型スーパースポーツカー、ウルス ペルフォルマンテ[2] – 完全なオールラウンドスーパースポーツカー、カウンタック LPI 800-4 のよりスポーティなバージョン[3] 1971年にデビューしたランボルギーニ・カウンタックとウラカンSTOの50周年を記念して作られた[4] ランボルギーニのモータースポーツ部門、スクアドラ・コルセのハイテク力とノウハウを駆使して開発されたロードモデル。

透き通った海と豊かな自然に囲まれた沖縄で、20台以上のランボルギーニが総距離300kmを走行しました。 初日は24日水曜日ですTh 4月、「琉球ホテル&リゾート 名代ビーチ」にランボルギーニが集結し、和太鼓の演奏でランボルギーニ エスペリエンツァ ジロ ジャパン 2024が開幕した。 ドライブツアー1日目は、沖縄南部の琉球ホテル&リゾート名代ビーチをスタートし、うるま市の海の木あやはし館と鍾乳洞の中にある「ケイブカフェ」を経由するコースです。 日本のホテルとしては非常に珍しいロケーションで、最後は沖縄南部の南城市にあるニライカナイ橋を渡り、見渡す限り青い海を眺めます。 歓迎会では、沖縄の食材を使った多彩なドリンクや料理が振る舞われ、沖縄独特の音楽やダンスのパフォーマンスで観客を楽しませました。 あとレヴァルトも[5]日本初の納車車。 ランボルギーニ初のスーパースポーツV12ハイブリッドプラグインHPEV(高性能電動車両)の新たなフラッグシップモデルです。

2日目 25日(木)Th 4月、沖縄でしか味わえない青い海と新緑の山々の素晴らしいハーモニーをオーナーがドライブしました。 その後、本島から車で行ける離島、瀬底島へ向かいました。 ランチはヒルトン沖縄瀬底リゾートのレストラン「チスコグリル」でステーキやシーフードを楽しんだオーナーたち。 その後、ロイヤルブルーに輝く海にかかる長さ1,960メートルの橋「カウリビッグブリッジ」を渡り、カウリ島北部の「カウリオーシャンタワー」に立ち寄り、海の美しさを鑑賞します。 沖縄北部の景色を満喫してください。 ツアー2日目は2泊目の宿泊先「ザ・リッツ・カールトン沖縄」へ向かい終了。 ディナーでは、ザ・リッツ・カールトン沖縄のシグネチャーレストラン「クスク」の料理長が、このグループのために特別に高水準の本格沖縄ディナーを用意してくれました。 最後に、参加者は沖縄の夜空に打ち上げられる特別な花火大会を楽しみ、素晴らしい雰囲気のうちに2日目を終了しました。

最終日は26日金曜日ですTh 4月、参加者は沖縄本島北端の辺戸岬へ出発。荒涼とした断崖絶壁から眺める沖縄独特の海の景色が楽しめる。 沖縄北部のドライブを終えたオーナーたちは、2泊目の宿泊先であるザ・リッツ・カールトン沖縄に戻り、ホテル内レストラン「スーラヌージ」で豪華なランチを楽しんだ。 その後、閉会式が行われ、ツアーを終了したオーナーが表彰され、ツアーの全プログラムが終了した。

ランボルギーニ ジャパンのデビッド・スフレコーラ社長はこうコメントした。ランボルギーニは夢のクルマとして生まれ、夢のクルマを実現するために、クルマをご購入いただいた後もさまざまなサービスやイベントを通じてお客様とのコミュニケーションを大切にしています。 7回目の開催地となる今年のランボルギーニ エスペリエンツァ ジロ ジャパン、自然豊かな沖縄でランボルギーニオーナーの皆様にお会いできることをとても嬉しく思います。 彼らと一緒にドライブツアーに参加することで、私たちはお客様から多くのことを学び、ランボルギーニを運転する彼らの心の喜びをこの目で見ました。 また、地元沖縄の人々は、歴代の象徴的なランボルギーニが街中を走る姿を見ることができ、さまざまな世代が楽しんだことと思います。 今後もより多くの人に、ランボルギーニの夢のクルマの贅沢さ、ランボルギーニを運転する喜びを体験していただける機会を提供してまいります。”。

[1] ウラカン ステラートの燃料消費量と排出ガス値。 総合燃料消費量: 14,9 l/100km (WLTP)。 CO₂ 排出量の合計: 337 g/km (WLTP)

[2] ウルス ペルフォルマンテの燃料消費量と排出ガス値。 総合燃料消費量: 14,1 l/100km (WLTP)。 CO₂ 排出量の合計: 320 g/km (WLTP)

[3] カウンタック LPI 800-4 の消費量と排出量値: 複合燃料消費量: 19,5 l/100km (WLTP)。 CO2 排出量の合計: 440 g/km (WLTP)

[4] ウラカン STO の燃料消費量と排出ガス値。 総合燃料消費量: 13.85 l/100km (WLTP)。 CO₂ 排出量の合計: 331 g/km (WLTP)

[5] レブエルトの消費量と排出量: 合計燃料消費量: 11,86 l/100km (WLTP)。 合計消費電力: 10.1 kWh/100 Km (WLTP)。 CO2 排出量の合計: 276 g/km (WLTP)

READ  ニュース記者が家族を訪問、日本の惨状を回避 | ニュース、スポーツ、求人