6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ル・ラボが京都に旗艦ラボをオープン

ル・ラボが京都に旗艦ラボをオープン

香りの魔法は、それぞれのノートが語るストーリーにあります。 アートやファッションと同じように、価値観や願望がキャラクターに凝縮されます。 この場合はボトルです。 香りを十分に楽しむには、調香師の世界、つまりその歴史、インスピレーション、夢に浸る必要があります。 ファッション業界の友人からル ラボのことを初めて聞いたとき、子供たちがつけるクールな香りだということしか知りませんでした。 サンタル 33 とその代表的なカルダモン、アイリス、バイオレット、サンダルウッドのブレンドに恋に落ちるのは難しいことではありません。 香りには何かさわやかで親しみのあるものがありました。

しかし、一流のフレグランス愛好家がなぜこのブランドをお気に入りに挙げるのか、パリのル ラボ旗艦店を訪れて初めて完全に理解できました。 店舗で展示されている製品と同様に、このブランドのストーリーテリング スタイルは正直で、シンプルで、共感できるものですが、意味と参考に満ちています。 同団体によると、「ル・ラボはフランスのグラースで生まれ、米国のニューヨークで育った。エドゥアール・ロスキとファブリス・ペノーによって設立され、ブランドの最初の店舗は2006年にニューヨークのノリータにオープンした。

Le Labo の旗艦店は、ブランドの価値観と創造的なビジョンを反映し続けています。 初日から、顧客が香水製造のバックエンドに完全にアクセスできるエクスペリエンスを作成するという考えが常にありました。 顧客はボトルに入った香水を受け取るのではなく、製品がどのように手作業でブレンドされ、蒸留され、ミニマルな透明なボトルに注がれるのかを目の当たりにします。 これは、「スロー パフューマリーの忘れられたルーツ」を浮き彫りにするユニークなプロセスです。 名画の仕上げのようにラベルが貼られます。 そこには、香水が作られた場所、製造日、香水の所有者が記載されていました。 これは、Le Labo エクスペリエンスを他のエクスペリエンスとは一線を画す素晴らしいフォーミュラです。

グラス、ニューヨーク、そして香水のスローアートがル ラボの DNA を形づくる一方、日本の侘び寂びの世界観はブランドのアイデンティティに深く埋め込まれています。 このグループは次のように書いています。「私たちは、人工物から生まれる唯一無二のバリエーションに美しさを見出します。私たちは、手作業で計測、計量、組み立て、ラベル付けされた香りの統一性を大切にしています。私たちは、香りに囲まれているとくつろげるように感じます」使用され、細断され、修復され、修復されたそれらの物語を私たちは称賛します。」

ル・ラボが日本の京都に夢の旗艦店をオープンするときが来たとき、中京区下剛力町にある伝統的な京町家以上に良い選択肢はありませんでした。 伝統と歴史が息づく京都は、チームによって常に魂の場所として言及されてきました。 「創業以来、京都に来ることが私たちの夢でした」とル・ラボのチームは語る。 「私たちは今、ここに自分たちのルーツを深め、感覚の聖域として私たちが思い描いているものを紹介できることを誇りに思っています。」

京都町家はもともと家族経営の醸造所として 1879 年に建てられました。 」[It is] 日本の伝統と職人技への私たちの賛歌です」とチームは付け加えました。町屋内にアロマラボを作るために、マスタープランの背後にある先見の明のある人々は、空間の過去を再生し称賛するデザインの旅に乗り出しました。彼らは次のように説明しています。フレームに至るまで、何世紀も前の素材を使用して修復し、地元の職人と協力してオリジナルの特徴を維持しました。」

母屋には主に日本の再生木材が使用されており、ル ラボの特徴であるディストレスト スチールが注入されています。 美しく古びたインダストリアルスタイルの棚には、ブランドの幅広いフレグランス、バス、ボディ製品が展示されています。 2階の畳部屋は訪問者に感覚的な体験を提供します。 香水に使われる精油が展示されている「嗅覚器官」があります。 別の部屋のアトリエは、アーティスト、作り手、職人が集い、つながるためのオープンスペースとして機能します。 Le Labo のチームは、「この空間の隅々が探検と発見を誘っています」と断言します。

母屋の裏手には日本庭園があります。 「訪問者が小さなカフェでコーヒー、紅茶、ベジタリアン料理を楽しめる静かな隠れ家」を作り出すために、石、彫像、緑が注意深く整えられています。 京都マチアは単なる小売スペースではなく、美しさ、工芸、そして真のつながりが生まれる、時間がゆっくりと流れる神秘的な場所です。 ル ラボ フレグランスのグローバル ブランド ヘッド兼クリエイティブ ディレクターであるデボラ ロイヤー氏は、次のように締めくくっています。 予期せぬことが起こる場所…京都は長い間、インスピレーション、つながり、そして私たちの最も深い価値観の象徴でした。 その工芸と保存の伝統、由緒ある技術、私たちが素晴らしい感情の場所から感覚の言語にどのように敬意を表しようとしているかを示す指標です。

READ  ベサニー・'ピッツィ'・ナカムラが日本の空き家に新たな命を吹き込む