4月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

レアなバーボンが好きな人はなぜ日本に行くべきなのか

レアなバーボンが好きな人はなぜ日本に行くべきなのか

カクテルはたくさん見つかりましたが、家にないジャパニーズウイスキーを探すのは大変でした。 希少なヴィンテージバーボンを探す必要がありました。

ジャーナリストのアーロン・ゴールドファーブ氏の新刊、 ダスティ・リカー:ヴィンテージ・スピリッツを求めて、「ダスティハント」のワイルドな世界をカバーしています。 コレクター、蒸留酒愛好家、そして手っ取り早くお金を稼ぎたい人々は、20 年にわたって忘れ去られていたヴィンテージの蒸留酒を求めて酒屋を探し回っています。 一部の人は、それが一時的なタイムカプセルであると信じているため、または古いものを改良したため、そのいずれかです。 また、これらのボトルは見知らぬ人によって過小評価されているため、数千ドルで取引されたり、オンスバーで数百ドルで売られたりすることもあります。

私自身は埃っぽいボトルハンターではありません。 ほぼ 10 年間ワインについて書いてきた私は、もう手に入らない珍しいものを試してみるというアイデアが大好きです。 ただし、コストが高いため、そのような経験はほとんどありません。 アメリカの酒屋はすでにほとんどが埋まっており、参入障壁は非常に高い。

しかし、風変わりな飲酒歴のおかげで、日本では話が異なります。

「日本はまだほこりっぽいバーボン天国です」とゴールドファーブはインスタグラムで私に語った。 「友人たちはボトルを探しにそこへ行くのは明らかです。」

1970年代、バーボンはアメリカの愛飲家に発売され、ニュートラルな味を隠したディスコドリンクが登場しました。 これは、ゴールドファーブが「暴食の時代」と呼ぶ時代の到来です。バーボンはまだたくさん作られていましたが、それほど多くはありませんでした。 販売されました。 そこで一部のバーボン蒸留所は海外市場に目を向けました。 実際の出発地は? 日本。

昔の日本の愛飲家は、日本で長い歴史を持つスコッチやスコットランドの蒸留方法に従って作られたジャパニーズウイスキーにこだわりました。 アメリカ文化に従う若い世代にはチャンスがあった。

現在は閉鎖されているシェンリー・インターナショナル・リカー・コーポレーションの輸出部門を率いていたウィリアム・ユラッコ氏は、1972年に日本を訪れた後、その開店を目にしたとゴールドファーブ氏は書いている。 彼は日本の蒸留酒会社サントリーと販売提携を結び、バーボンを中心とした蒸留酒会社ブラウン・フォーマン(現在は世界最大の酒造会社の一つ)も同様の提携を行った。

「サントリーは、『あらゆる味と価格帯に対応した製品』の『必要量』のバーボンを求めていた」とユラコ氏はゴールドファーブに語った。「各ブランドに独自のアイデンティティと市場での重要性を与えた」。

両社は米国ではライバルだった。 サントリーは両者を日本で大きく成長させた。 シェンリーのブランドであるエンシェント エイジ、JW ダント、IW ハーバーは海外に進出し、ブラウン フォーマンズ アーリー タイムズ、オールド フォレスター、ジャック ダニエルズも海外に進出しました。 サントリーは、日本の消費者が飲みたいと思う場所に応えるために、バーボンバーをオープンしました。 一部のバーは、カントリー ミュージック、ハンバーガー、フライド チキンなど、明らかに「アメリカーナ」をテーマにしていましたが、すべてバーボンに重点を置いていました。

賭けはうまくいきました。 特に IW ハーパーは、1969 年に国際的に 2,000 ケース販売されたのが、1991 年には日本で 500,000 ケースに達し、最大のバーボンになりました。 この蒸留所は日本の需要に応えるために米国での販売を中止した。 ヴィンテージボトルは海外に行かないと見つけるのが非常に困難です。 全体として、1990 年までに毎年 200 万ケースのバーボンが日本に流入していました。

日本市場の影響はやがてバーボンそのものを変え始めた。 そこでの飲酒者は、10年以上樽熟成させたスコッチなどの蒸留酒を使用していました。 スコットランドは、ほぼすべてのバーボンが作られる暑い夏のケンタッキーに比べて、一貫して涼しく穏やかな気温です。 スコットランドの気候は、スピリッツが重いオークの風味に負けることなく、樽の中でより長く熟成できることを意味します。 対照的に、バーボンはオークの影響を防ぐために通常 4 年間熟成されます。

日本の愛飲家は、スコッチと同じようにバーボンにも10年以上の熟成期間を記載することを望んでいた。 スピリッツが瓶詰めされずに放置されているバーボン蒸留所も同意した。 80年代になると、13歳のワイルドターキー、23歳のエヴァン・ウィリアムズなど、高齢者に対する発言がバーボン市場を襲い始めた。リストは続く。 AH ヒルシュ 15 年、16 年、20 年バーボンが特に人気でした。 それについての本もあります 今まで味わったことのない最高のバーボン チャールズ・カウドリ著。 日本向けに特別に作られた初の市販シングルバレルバーボンであるブラントンズのようなブランドもありました。

2000 年代初頭、アメリカ人が再び自分たちの精神を崇拝し始めたため、バーボンの運命は変わりました。 店頭で埃をかぶって放置されている古いボトルを人々が購入していた時代がありました。 現在、ヴィンテージバーボンは米国のコレクターの手に渡っているが(したがって、予算重視の愛飲家にはほとんど手が届かない)、日本には埃っぽいボトルの膨大な蔵がまだ手付かずのままであり、比較的リーズナブルな価格に重点が置かれている。 70年代、80年代、90年代のバーボン蒸留所向け。

バーボン文化は、ヴィンテージと新作の両方で、日本で今も根強く残っています。 ゴールドファーブは、ケン・マツヤマ氏が経営する東京の2軒のバー(どちらもケンズ・バーと呼ばれる)を、米国では決して見つけることのできない市内最高のバーボンバーと呼んでいる。

「今日でも日本はアメリカ人の埃まみれの狩猟者にとって最後のフロンティアの一つであり、依然として国内に大きなボトルが残っている」とゴールドファーブ氏は書いている。 「しかし、アメリカと同様、以前ほど良くはありません。」

次回は海外に行けることを願っていますが、あと数回の挑戦が残っています。

READ  中国がAFCビーチサッカーアジアカップで日本に敗れる-新華社