6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

レイブンカントリー レビュー (PS5) | 支払ヤード

レイブンカントリー レビュー (PS5) | 支払ヤード

SFB Games が開発したサバイバル ホラー アドベンチャー「Crow Country」をプレイします。そこであなたは、最近閉鎖された「Crow Country」テーマパークの謎の所有者である、行方不明のエドワード・クロウを捜そうと決意する若い女性、マラ・フォレストとしてプレイします。

このゲームは、PS1 の名作「バイオハザード」や「サイレントヒル」などを彷彿とさせるゴージャスでレトロなグラフィック スタイルを特徴としており、環境に驚くほどの密度と詳細を加えています。 この詳細レベルの追加により、特に照明が非常に暗い場所では、拾ったアイテムを特定することが困難になり、恐怖を助けるどころかさらに悪化させます。

90年代の新鮮さを感じさせますが、優れた快適性とプレイアビリティがあります。 ゲームは過去のバイオハザードのように制御されますが、より現代的な制御スキームに切り替えるオプションもあります。 敵との遭遇を完全に無効にする「探索」モードも提供する難易度レベルなど、ゲームの随所に生活の質を考慮したアイデアが盛り込まれています。 これは純粋主義者を怒らせるかもしれませんが、特にマップの大部分が探索する価値があるため、アクセシビリティの大きな利点となります。

ただし、敵を止めると、このタイトルの最も優れた側面の 1 つが失われます。 クリーチャーのデザインは例外的で、陰惨さと致命的な境界線を巧みに行き来しており、あらゆる敵との遭遇が悲惨なものになることを保証します。 マスター ストライクでは、敵が近づくほど銃が与えるダメージが大きくなるため、このゲームは自分を危険にさらすことを積極的に奨励します。 素敵ですね。

サウンド デザインは雰囲気をさらに高め、不気味なアンビエント トラック、不気味な戦闘トラック (特に 1 つのトラックは作曲家 Ockeroid が「ホラー カスタネット」に刺激を受けて組み合わせたように聞こえます)、そしてもちろん「セーブ ルーム」テーマを提供しています。

SFB Games がこのような小さなチームで成し遂げたことは本当に印象的です。 90 年代のホラー ゲーム、特にバイオハザードが好きなら、Crow Country を試してみる義務があります。

READ  Microsoft は認証を強化するために NTLM を段階的に廃止し、Kerberos を採用しています